インタビュー

「渋谷テロ予言」で大炎上! 元モデル占い師の“問題点”を弁護士&同業者がぶった斬り!!

shibuyashibuyashibuya
Photo by Guwashi999 from Flickr

 「ノストラダムスの大予言」など、この世には、古今東西さまざまな“予言”が飛び交っている。奇奇怪怪な予言をエンターテインメントとして楽しむ文化が広がっている一方で、予言の具体性やタイミング、また伝達方法によって、炎上を巻き起こしてしまう場合もある。元モデルの霊感占い師・鈴木えりか氏が6月24日、Twitter上で「テロ予言」と取れる内容のツイートを行い、一部ネットユーザーが騒然となった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「わたしがいる限り好きな事はさせない
6月25日0時。ワールドカップとともに何かが始まる

ファブリックビューイング
渋谷
国立競技場、大江戸線地下

警報がなる。ガス。上からなんか降ってくる。触れれないで。
絶対いかないで。リツイート。お願い。」

「黒い格好、マスク、帽子、気をつけて。バイカラーが目印」

「もし出逢ってしまったら、前屈みになり顔を下にむけて低い姿勢で。」
(全て原文ママ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 6月25日0時は、『2018FIFAワールドカップ ロシア』グループステージ「日本対セネガル戦」がキックオフする時間。実際、この日時に、大規模なテロが起こることはなく、ネット上では、鈴木氏に対して「不謹慎な予言だとは思いませんか?」「本当に怖がっている子もいたと思う」「恐怖心を煽って脅迫してるみたい。腹立たしい」といった怒りの声が飛び交ったのだ。

 「占い師」を自称する者が、地震やテロなど、大規模な被害を伴うであろう災害・事件を予言することは少なくない。鈴木氏も以前から地震の予言を行っており、6月17日には、自身のブログで、関西を中心とした地震が発生すると指摘。すると、翌18日朝に最大震度6弱の大阪北部地震が起こり、世間を驚愕させたこともあるのだ。しかし一方で、23日もしくは24日に起こると予言していた大地震は起きず。この際は、関西在住の人を中心に「無駄に不安がらせるのはやめろ」と抗議の声が上がっていた。

 大阪北部地震を“当てた”ことにより、世間の注目を集めたものの、その後は立て続けに予言を外した鈴木氏。ネット上では、彼女が人々の恐怖心を煽るような言動をすることを“脅迫”のように捉え、批判する向きもあるが、実際に罪に問わることはあるのだろうか。弁護士法人ALG&Associatesの山岸純弁護士は、次のように語る。

「自分の力だけではどうにもならないような出来事を、直接相手方に対し、または、複数の人に吹聴しても、『脅迫罪』などの罪にはなりません。例えば、先の戦争の後、『人民政府が成立したら、お前は投獄されるぞ』と脅かした人がおり、それが『脅迫罪』に問われるか否かという裁判が行われたことがあるのですが、この場合、脅かした人がどうこうできるわけではないので、『無罪』となりました。また、『知り合いのヤクザに頼んで、腕をへし折ってやる』と脅かしたような場合には、その人がヤクザと付き合いがあるか、真実性があるかどうかを検討し、脅迫罪となるかどうか判断します」

 「地震が起きる」「テロが起きる」といった言葉が、たとえ人の恐怖を呼び起こしても、実際に予言で指摘した地域や施設を閉鎖させたり、また交通機関をマヒさせたりしない限り、「これだけでは罪にはなりません」(同)とのことだ。

1999年7月の異様な盛り上がりに思い出すわ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「渋谷テロ予言」で大炎上! 元モデル占い師の“問題点”を弁護士&同業者がぶった斬り!!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!