【ジャニーズ研究会レポート】

関ジャニ∞村上信五、『レコメン!』レギュラーを卒業……「木曜日が人生」の言葉にファン号泣

村上信五
ヒナ、本当に本当にお疲れ様!

 関ジャニ∞村上信五が、木曜パーソナリティーを務めるラジオ番組『関ジャニ∞村上信五とジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送)のレギュラー出演を3月29日放送回で卒業した。放送では、これまで村上が出演していた『レコメン!』のリスナーに深く感謝しつつ、15年以上に及ぶ同番組の出演を終えた。

 村上は、デビュー前から同局に関わっており、2000年1月よりラジオ『関西ジャニーズJr. 横山裕・村上信五の笑う大捜査線』のパーソナリティを担当。そして03年からは『関ジャニ∞横山裕・村上信五のレコメン!』がスタート。その後、横山に代わり丸山隆平が“相方”となり、13年からは『関ジャニ∞ 村上信五と丸山隆平のレコメン!』に。そして16年からは、丸山に代わり村上の後輩であるジャニーズWEST桐山照史・中間淳太がパーソナリティを務めることとなり、現在の『関ジャニ∞村上信五とジャニーズWEST桐山照史と中間淳太のレコメン!』となったが、村上は常に会話の中心となり、番組を盛り上げてきた。

 そんな村上のレギュラー出演最後の放送には、3年間相方を務めた丸山が駆けつけた。ラジオなのでその姿は見えないものの、丸山はスーツ姿で登場し、“深い尊敬”の花言葉を持つ白いバラを村上に手渡すなど、長年の村上の偉業に大いなる敬意を示していた様子。村上への卒業祝いの言葉として、「ボクみたいな“重荷”があるにもかかわらず、いろんなことをね。言葉で教えるんじゃなくて、仕事の仕方で教えてくれたりとか。そういうところで刺激を受けたりもした」と村上が心強い支えになっていたことを感謝。村上の卒業について「お祝いしたいし、笑顔で見送りたいなという気持ちで来ましたんで。本当にありがとうございました15年間。お疲れ様でした!」とねぎらい、固い絆を感じさせた。

 また、桐山は「この『レコメン!』をつぶさずに、次の世代につなげられるように、4月から長く続けられるように頑張りたいと思います」とコメント。中間も「ブースの外で『レコメン!』の今までのスタッフさんが来てくださったり、マネジャーさんが笑って見てる様子を見て、本当にすごく愛されてるというか、それだけ“愛され力”のある人間なんだなと、改めて尊敬しました」とそれぞれ感謝を示した。

 そんな卒業ムードの中、村上は最後に「よくぞここまで席を置いてくれてありがとうございます、という他ないですけどね。こういう決断をする年齢にもなってきたし、そういうキャリアを積ませていただいたことが非常に幸せなことではあるなあ」とあいさつ。そして最後に、「村上さんにとって『レコメン!』とは何ですか?」との質問が飛ぶと、「来月どう過ごすかわからへんから……。そうですよ、“木曜日が人生”でしたからね。週のスタートといい、すべては木曜日から。だから、木曜日が人生でしたよ」と熱い発言をしていた。さらに、「リスナーの方の大人になっていくお手伝いを少しさせていただきましたから。もうこれ以上、できることはないです!」と、リスナーへの深い感謝と愛情を示していた。

 そんな放送を聞いて感極まるファンも多かったようで、ネット上では「村上くんには卒業しないでほしいけど、もう十分やってくれたよね。本当にありがとう! そしてお疲れ様でした!」「毎週ヒナの声を聞けることが人生の支えになってました。私にとっても、『レコメン!』は人生だったよ」「『レコメン!』聞いて涙が止まらない。寂しい気持ちもあるけど、村上くんらしい最後の放送になってよかった!」など、村上への感謝のメッセージであふれていた。

 長年レギュラーを務め、『レコメン!』を支えてきた村上への感謝とねぎらいは尽きないが、今後は4月7日から同局にて始まる新番組『村上信五くんと経済クン』と、桐山・中間の『レコメン!』の放送を楽しみにしたい。

いつだって木曜日に戻ってきてくれていいからね!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関ジャニ∞村上信五、『レコメン!』レギュラーを卒業……「木曜日が人生」の言葉にファン号泣のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ村上信五関ジャニ∞のニュースならサイゾーウーマンへ!