自覚ないまま甘えてる?

「大先輩にタメ口!?」「老害扱いひどすぎ」……常識ハズレの“二世芸能人”の暴言に非難轟々

まあさ250
高橋真麻オフィシャルブログより

 2月1日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)の「2世芸能人SP」について、ネット上で二世タレントたちへの苦言や、「結局、親が甘い」といった呆れた声が噴出している。

「この日はさまざまな二世が出演しましたが、まず物議を醸したのがフリーアナウンサー・高橋真麻の発言。真麻は、父親で俳優の高橋英樹が『最近頑固になってきた』と話し、それについて、母親にLINEで『あれは老害だよ』と、送ったと話したのです」(芸能ライター)

 真麻は、母親と1対1で会話しているつもりだったものの、誤って英樹も参加している家族のグループLINEに送信していたとか。本人は、内心「ヤバい!」と思いながらも、平静を装ったとのことだったが……。

「ネット上には、『さすがに娘から老害扱いされるなんて可哀想』といった英樹に同情する書き込みのほか、『老害って、あまり良い言葉ではないよね』『真麻って、アナウンサーのクセに品のないこと言うんだな』『家族ネタしかないとはいえ、バラエティで親の老化をバカにするのはどうかと』といった批判が寄せられました」(同)

 また、番組には、ヒロミと松本伊代の息子・小園凌央(こぞの・りょお)も出演。凌央はかねてから、家では両親を“さん付け”と呼ぶなど、厳しさを窺わせる家庭環境を明かしていたが、同番組ではヒロミを「地元のヤンキーの先輩」、伊代を「それと付き合ってる、調子乗ってる女の人」と表現し、MCのダウンタウン・浜田雅功から「お前、アカンぞ!」とたしなめられる一幕も。

「そのほか、暴露トークを開始するもいまひとつ歯切れの悪い凌央に、松本人志が『なんで嫌そうやねん』と尋ねた際、『あんまり話すと(ヒロミが)こえ~から……』などとタメ口をきく場面もあり、『凌央って親の話しかできないし、言葉遣いも悪い』『しゃべりながら腕組んでる時もあった。態度をあらためるべき』といった指摘が飛び交いました」(同)

 しかし一方で、「こういう言葉遣いや態度って、結局は親の影響なんだろうな」という声や、「厳しい家庭と見せかけて、息子に自分イジリを許すくらいだから、なんだかんだヒロミも甘い」と、呆れる視聴者も。二世タレントやその親にもっとも厳しいのは、世間の目かもしれない。

息子にも生き方教えてあげてね

しぃちゃん

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「大先輩にタメ口!?」「老害扱いひどすぎ」……常識ハズレの“二世芸能人”の暴言に非難轟々のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 二世タレント芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!