サイ女の朝ドラ通信

『わろてんか』広瀬アリス演じる女流漫才師を売り出す女性たちに期待「強くてかっこいい」

1802_warotenka102wa_1
『わろてんか』(NHK)公式サイトより

 ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週1回(金曜日)お届けします!

『わろてんか』(NHK総合/月~土、午前8時) 京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女・てん(葵わかな)が笑いをこよなく愛する青年・藤吉(松坂桃李)と出会い、2人で「風鳥亭」をはじめ多数の寄席を抱える「北村笑店」を経営、日本中を笑わせるために奮闘する姿を描いた物語。「吉本興業」の創始者・吉本せいをモデルに描いている。

■1月27日(土)/97話~2月2日(金)/102話
 97話では、しゃべくり万歳(まんざい)の完成を見届けた藤吉が息を引き取る。藤吉の葬式は全国の席主が集まって、盛大に行われた。また98話では、てん、専務の風太(濱田岳)、役員の栞(高橋一生)、芸人のキース(大野拓朗)などが藤吉の死に直面する姿も描かれ、視聴者からは「ポンコツだったけど、愛される人だったな」「なんだかんだいないと寂しい」といった声が上がっていた。

 藤吉が亡くなって3年後の様子を描いた99話では、跡を継いだてんが北村笑店の社長に。役員として北村笑店の経営に携わっていた栞の「女興行師だからこそできることをしたらいい」というアドバイスを受けたてんは、女流漫才を作ることを思いつく。一方、昔ながらの考え方にとらわれている風太は、進歩的な考えの栞と常に対立していた。

 記念すべき100話では、てんの新たな挑戦がスタート。女優のリリコ(広瀬アリス)に白羽の矢を立てたてんは、経理のトキ(徳永えり)や元漫才師の歌子(枝元萌)を加え、新聞記者だった楓(岡本玲)を漫才作家として迎え入れ、女性だけの漫才プロジェクトを開始する。男社会に女性たちが挑んでいくという、ある意味、朝ドラ定番の展開に視聴者からも「生きる道を切り開いてく、強くてかっこいい女性たちにワクワクする!」「男社会の中で、女興行師・まだ仕事したい主婦・女優兼漫才師・女性漫才作家が集まって女漫才師の仕事を作り上げていく展開は先が楽しみ」「『女には無理』を笑い飛ばす、爽快な展開に期待してます!」といった声が続出。

 101話では、栞がリリコの相方として元活動写真の楽士・四郎(松尾諭)を推薦。リリコは冴えない容姿をした四郎と組むことを拒否するが、てんや席主代表の亀井(内場勝則)の強引な勧めで2人はコンビを結成する。

 リリコと四郎の新たな「流行歌万歳」への試みを本格的にスタートした102話では、アメリカから藤吉とてんの息子・隼也(成田凌)が帰ってくる。隼也のアイデアで「ミス・リリコ アン・ドシロー」と名付けられたリリコと四郎のコンビだが、考え方の違いなどからたびたび対立し中断。仏壇の前で藤吉との思い出の鈴を鳴らしながら思い悩むてんの前に、なんと藤吉が現れるのだった。これには「お帰り藤吉(笑)再登場早かったな~~!」「藤吉がものすごくカジュアルにサクッと登場したの笑う」といった声が上がっていた。

 新コンビに、藤吉とてんの息子・隼也も再登場で新たな展開をみせる同作。藤吉亡き後、女興行師として歩み始めたてんの活躍に期待しよう。

亡くなった人が現れるっていうのも朝ドラの定番?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『わろてんか』広瀬アリス演じる女流漫才師を売り出す女性たちに期待「強くてかっこいい」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビューわろてんか女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!