今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

日馬富士引退会見の裏にあるものと、貴乃花親方の「鬼退治」計画

takanohana-hp
貴乃花部屋公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎北野映画か!
 日馬富士引退会見。親方も本人もあれ、反省はしてないよな。伝わってくるのは、「何でこんなことで引退しなきゃなんないんだよーーーーッ!」の血の叫びのみ。だから親方はキレるし、日馬富士はケガさせた相手に「これからはちゃんと生きろ」。捨て台詞か。

 これで幕引きにしたい協会に反して、「本当は何があったのか」を、警察だけでなく、裁判の席でも露わにする計画があると報道されている貴乃花親方。うーむ。協会に巣くう鬼退治の姿勢は買う。買うんだけどさ。皆そう思ってるんだけどさ。やり方がさ。……クセが強いんじゃあ!

 しかし、相撲協会理事会前のあの画ヅラはすごかった。六角理事長の向かいに貴乃花親方。誰があの席順考えた。作家いるだろ。臨界点を超えた緊張感の中、心の目で睨み合う男たち。これから壮絶な戦いが始まる。……アウトレイジ・スモウド。

◎パンドラの箱?
 見るたび涙する人続出の、Amazonプライム「おばあちゃんをバイクの後ろに乗せる孫」のCM。あのラストの一瞬の表情がもうね。わあああーん。おばあちゃーんッ! そんなあのおばあちゃんが、セコムのCMにも登場。こっちは特に即涙って作りではないのだが。見た人は皆「あッ、あのおばあちゃんだ!」と気づくはず。

 日本中のおばあちゃんノスタルジーを、突然1人で背負う形になった彼女。2作続けてってことは、「女優」だったんだね。……何かこれ以上知りたくないっつーか、ノスタルジーが壊されるっつーか。「今話題の、あのおばあちゃんは誰!」って、今後バラエティとかに引っ張り出されそうでヤだ。「毎日味噌汁にコラーゲンを入れて、撮影前には酵素風呂に入ります」とか、素の情報を知りたくない。

 アイドルと同じくらい、いや、それ以上に、あのおばあちゃんにはイメージを大切にしてほしいのだ。郷愁キープ! ノスタルジー死守! そのためには『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に呼ばないでぇぇぇ!

◎日朝ホットライン?
 「満足に大満足だ!」かぁ。なんか気持ちが伝わってくるという点では、コピーとして秀逸な気もするが。「飲み放題コースが時間無制限なんて、満足に大満足だ!」って、忘年会ではやったりして。ミサイル打ち上げて言われても困るのであるが。もうアメリカ全土に届くし、水爆も積めるのかぁ。困るなぁ。

 しかし、ここの国がこういうの打ち上げる時って、必ず森友・加計問題で安倍晋三首相がキュウキュウにやられている時と重なるんである。「証拠なんにもないよ。だって捨てちゃったんだもーん」「ふざけんなー!」「ちゅどーん!」で一旦休題に。毎回これだ。

 「あ、もしもし? オレだけど。うん。またいつものやつヨロシク。あー、そっかー、新製品なのかー。どうだろうなー。スレスレかなー。まーしょうがないなー。え? ああ、トラさんは平気平気。あれツイッターのネタ探しだから。え? ロケットマンだけど俺は小さくないって? うーん。どうだろ。個人の感想だからねぇ。ま、一応伝えとくわ。プーさんとシューさんはそっちでヨロね。あと、あんまカリブの海賊みたいな船よこさないでよぉ。ここんとこ毎日でしょ。大変なんだからあれ。え? マツタケ? 今年はもういいかな。それは猪木っちにあげて。またビットコインでいいのかな。あ、領収書はいいいい。じゃーね。国会で眠いからもう寝るねー。うん、ありがと。そっちも風邪気をつけてねー。ばいばーい」。……ってなやりとりがありそうで怖い。いや、あったら怖くないのか。いや違うか。怖いか。とにかく、こんな奴らに国を任せられんってことだけは確かだ。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

日馬富士引退会見の裏にあるものと、貴乃花親方の「鬼退治」計画のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!