露出度は高かったけれど

板野友美、写真集売り上げボロボロ……乃木坂・白石麻衣への便乗PRに「必死すぎ」「残念」

itanorelease
『release』(講談社)

 元AKB48・板野友美が8月25日に写真集『release』(講談社)を発売。発売直後に重版が伝えられていたが、マスコミ関係者によれば「実際の売れ行きはパッとしない」という。

「板野の写真集が発売されたのは7年ぶりで、AKB卒業以来初。グループにいた頃は“神セブン”の1人として脚光を浴びていたものの、ソロになってからは、これといった活躍も聞こえてきません。このように、すっかり“過去の人”になってしまった板野ですが、今回の写真集に関しては、発売日よりも前に重版が決定し、発売から6日目にも再度重版が決まったなどと報じられました」(芸能ライター)

 こうした情報だけ聞くと、売れ行きは好調と思われそうだが、実情はそうでもないようだ。

「オリコンの発表によれば、板野の写真集は週間ランキング初登場2位に登場したとはいえ、初週の推定売り上げ部数は5,105部。同週の1位は若手俳優・竹内涼真が7月22日に発売した『1mm』(集英社)で7,616部、累計では3万6,693部に達しています。つまり板野は、発売から1カ月近くたつ竹内の週間売り上げに敵わなかったということです」(同)

 また、板野の“スピード重版”について、一部メディアで、乃木坂46・白石麻衣が今年2月に発売した写真集『パスポート』(講談社)に次ぐハイペースとも伝えられたが……。

「白石は初動で3万部に到達しており、週間推定売り上げも10万3,520部という歴史的記録を叩き出し、女性ソロ写真集としてはオリコン史上歴代最高の週間売り上げを成し遂げましたから、ペースはともかく、数字的に板野とは比べ物になりませんよ。ネットユーザーからも『白石の名前を出して、“売れてるアピール”してるけど、実情が伴っていない』『逆に必死感が伝わってきて残念』などと苦笑されています。また、板野は、今回の写真集で露骨な特典商法を展開。『1冊券』『2冊券』『3冊券』『5冊券』『7冊券』の5パターンが用意され、購入する冊数によって特典が違う仕組みになっています。7冊券は2万412円とかなり高額だったため、ネット上では『えげつない』などと批判されていたんです。にもかかわらず、初週は5,000部程度に留まったとあって、さらに“過去の人”といった印象が強くなってしまいました」(出版関係者)

 結局、白石の名前を借りてほんの少し話題になっただけの板野の写真集。あと何週、ランキングに食い込んでいられるだろうか。

芸能界からreleaseされちゃわないように

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

板野友美、写真集売り上げボロボロ……乃木坂・白石麻衣への便乗PRに「必死すぎ」「残念」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! AKB48板野友美芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!