[ジャニーズ・メディアの裏側]

『SMAP×SMAP』最終回、大みそか放送の仰天報道! フジの打倒『紅白』計画の可能性は?

2016smapall.jpg
3カ月後にもうSMAPがいないって冗談でしょ?

 SMAPが解散する12月31日、フジテレビとNHKが“争奪戦”を繰り広げるのではと、18日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。SMAPをめぐっては、『NHK紅白歌合戦』の出場可否についてさまざまな情報や臆測が飛び交っているが、対抗するフジは『SMAP×SMAP』最終回を『紅白』にぶつけてくる、という関係者の証言が掲載されている。

 SMAPの解散は、ジャニーズ事務所幹部間、さらにはメンバー間の対立が原因とされているが、ここ最近になって、メンバーたちのわだかまりも少しずつ解けているという。そして解散が「12月31日」であることから、業界関係者の誰もが『紅白』出場の可能性があることを予想していた。

「しかし現状では、SMAPの『紅白』ラストステージは絶望視されています。また、同日に行われる『ジャニーズカウントダウンライブ』に関しても、過去出演歴のないSMAPが突然登場する可能性はゼロといっていいでしょう」(スポーツ紙記者)

 いまだジャニーズ内部でも、SMAPの“最後の仕事”について決定はしていないというが、「週刊女性」によれば“ウルトラC”として、大みそかに『スマスマ』最終回スペシャルの放送プランが存在するようだ。

「格闘技イベント『RIZIN』の放送を午後10時に終了させ、それから11時45分スタートの『カウコン』生中継までの105分の間に、『スマスマ』を組み込むというものです。万が一実現すれば、当然高視聴率が約束され、『紅白』のクライマックスをも食ってしまいそうです。ただ、ジャニーズが、今後もお世話になるはずの『紅白』に対して、真っ向からケンカを売るようなプランに同意するとは考えにくいですが……」(同)

 そんなフジの秘策だが、現在の同局とジャニーズ事務所の“関係性”を考えると、まったくあり得ない話でもないようだ。

「当初ジャニーズはSMAPの活動休止をもくろみ、フジと『番組は来年3月で最終回』という密約を交わしていたんです。ところが、突如年内いっぱいでのグループ解散が決定してしまい、1月クールの月曜午後10時台が一瞬にして白紙となり、ジャニーズはフジに相当な迷惑をかけることになりました。そのため、フジが大みそかに『スマスマ』最終回を放送したいとジャニーズに依頼すれば、頭ごなしに拒否はしないのではないか……と考えられます」(テレビ局関係者)

 いずれにせよ、テレビ各局の争奪戦を含めて、SMAPは解散するその日まで、波紋を呼び続けることとなりそうだ。

『スマスマ』から『カウコン』の流れって地獄……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと