今年ももう『相棒』の季節

『相棒15』初回、視聴率大幅ダウン! “人を呪い殺す女”登場に「オカルト」「暗い話」の不満

1610aiboumizu.jpg
『相棒season15』(テレビ朝日系)公式サイトより

 12日、テレビ朝日系の人気ドラマ『相棒season15』がスタートした。初回2時間スペシャルの平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、一見好調な滑り出しのよう見えるが、前作『season14』の初回18.4%から3%近く下がっており、ネットユーザーからは、その内容が「『相棒』っぽくない」との声が出ている。

 同ドラマは、水谷豊演じる警視庁「特命係」所属の主人公・杉下右京が、自身の“相棒”とともに事件を解決していく人気シリーズ。相棒はこれまでに4人変わっていて、今作は『season14』に引き続き、4代目相棒・冠城亘(反町隆史)が起用されている。また、社美彌子役で仲間由紀恵がレギュラーとして加わり、第1話では亘が、美彌子が課長を務める総務部広報課に配属されることに。そんな中、捜査1課には“人を呪い殺すことができる”謎の女・初恵(小野ゆり子)が出頭してくる……という展開だった。

「仲間といえば、人気ドラマ『TRICK』(同)シリーズのイメージが強く、同作が超常現象や怪奇事件を扱う作品だったため、『相棒』初回に“人を呪い殺した女”が出てきたことで、『まるで「TRICK」みたい!』という声が続出。仲間と共演していた阿部寛の名を出して『阿部さんにも出てもらいたい』といったラブコールが見られました。その一方で『これが「TRICK」だったらもっと面白いストーリーに発展したんじゃないかと思わずにはいられない』『オカルトっぽさが強くて、「相棒」らしくない』などと、本来の『相棒』シリーズとしては微妙な出来だと感じる人も少なくなかったようです」(芸能ライター)

 また、生粋の『相棒』ファンからは、「これまでの初回スペシャルの中で、最低のつまらなさだった」「第1話のスペシャルって、いつもはもっとワクワクするのにな」といったコメントも上がっていた。

「昔の『相棒』は笑えるシーンも多く、六角精児演じる鑑識の米沢守もいい味を出していて人気があったのですが、今シーズンにはキャスティングされておらず、『最近の話は暗い要素が増えて、米沢さんもいないから和めない……』という意見も。今作がこのまま『TRICK』テイストで進んでいくとなると、従来の『相棒』を好んでいた視聴者は離れてしまうかもしれません」(同)

 初回の視聴率が最高で、その後は転落――そんなお決まりの事態に陥らないことを祈りたい。

仲間由紀恵加入に、相棒チームはしゃぎすぎ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー