あれからもう3年

「今まで起用できずつらかった」矢口真里、“オファー増”にテレビ局の本音

201608yaguchim.jpg
でも不倫前からアンチ矢口は多かったよね!

 ベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫騒動から始まった今年の芸能ニュース。それを追随するように、乙武洋匡、宮崎謙介元議員、桂文枝、三遊亭円楽、ファンキー加藤など、さまざまな不倫スキャンダルが勃発した。

 その先駆けとなったのは、やはり矢口真里だろう。2013年5月に、当時モデルの梅田賢三との不倫が発覚し、活動休止に追い込まれ、14年10月に『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)でテレビ復帰。しかし、世間からは猛ブーイングが巻き起こり、テレビでの活動が難航。どの不倫騒動よりも過激な報道で、最も制裁を受けた人物と言えるだろう。

 そんな矢口だが、今年の春以降から露出が増えている。一部報道では、仕事量が全盛期の7割ほどに回復したといい、「テレビ局側も、色モノ扱いではなく、ポジティブな意味で起用していることがうかがえ、完全復帰は目前とまで来ています」(テレビ局関係者)という。

 しかし、ネット上では、いまだ誹謗中傷が激しい。矢口に関して「早く引退してほしい」「どうでもいい人物」「テレビで見ると不愉快な気持ちになる」などといったコメントが飛び交っているが……。

「そうやって書き込んでいるのは一部の人だけで、今は以前より『矢口許すまじ』という空気がやわらいでいるのでは。矢口さん本人も口にしていますが、やはり彼女が再浮上できたのはベッキーのおかげというか(笑)。人は、新しいターゲットを見つけると、古い対象は忘れてしまうものですよ。起用する側からすると、矢口さんはもともとバラエティの偏差値は高いし、むしろ今まで使えなかったことの方がつらかった。今では矢口さん自身が吹っ切れていて、以前よりも過激な内容の企画を頼めるのでありがたいです」(同)

 一部のネットユーザーとは違い、矢口の復帰に喜んでいるテレビ局関係者は多いようだ。最近ではイベントで泥まみれになるなど「仕事は選んでいる暇はない!」と意気込んでいるように見える矢口。本人も「『世間の声は気にしていられない』と関係者に話している」(同)というだけに、今後さらなる活躍が期待される。

スキャンダルで、本当の好感度がわかる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー