しいちゃんの芸能解説講座【裏】

HKT48・指原莉乃「AKBは高校野球と似てる」、高知東生は相田みつをファン!? 炎上案件

2016sashiko_dai9i.jpg
秋元センセと同じ考えをお持ちの指原さん

編集S ジメジメして不快な季節。こういうとき、余計イライラする話題が気になっちゃうのはなぜかしら。

しいちゃん じゃ、イライラする話題を提供するわ。まず、AKB48がらみ。今夏行われる第98回全国高校野球選手権大会に先立って、AKB48の「光と影の日々」が『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)のテーマソングと「2016 ABC 夏の高校野球応援ソング」(朝日放送)に採用されたことから、「第8回 AKB48選抜総選挙」で1位となった指原莉乃が批判されてるよ。指原は、「今回は上位4人がそれぞれ地方グループからだったので、何とか自分の地元に1位を持って帰りたい、優勝を持って帰りたい、という気持ちはどこか(高校野球と)似ているものがあるんじゃないかな」とコメント。これが、「全然似てねー」「一緒にするな」「高校野球を馬鹿にするな」「調子のりすぎ」「勘違い」などと言われてるの。

編集S それ、イライラじゃなくて、どうでもいい話題だよ。誰もAKBと高校球児を重ねて見る人はいないもの。無理がありすぎ。「故郷に錦を飾る」という思いで四股名が「安美錦」になったあみたんに謝って!

しいちゃん あ~、あみたんを出してくるといろいろややしくなるから! それでね、「光と影の日々」の作詞を担当したAKBの総合プロデューサー・秋元康も「AKB48のコンセプトを説明する時に、何度も高校野球を例に使わせていただいた。『夢は1日にして成らず』。『熱闘甲子園』のテーマソングをAKB48に歌ってほしいという依頼をいただいた時、まず、“美しい汗”を描こうと思った。夢をつかみたいと思ったら、汗をかくしかないんだ」などとコメントを寄せてるわ。汗をかいてるのは、AKBじゃなくて、握手会だの投票券だのでCDを箱買いさせられてるファンだっつーの。

編集S これぞイライラするコメント! オタクから汗もカネもたっぷり搾り取ってる人が「美しい汗を描こうと思った」って笑える。

しいちゃん もう1つ、批判案件となっているのが、中川翔子。BEAMSと共同展開している、中川のブランド「mmts(マミタス)」の商品として販売されているTシャツなどに描かれたサメのイラストが、『世界サメ図鑑』(ネコ・パブリッシング)の表紙の写真のパクリではないかとウワサされてる。サメを描こうと思ったらポーズが限られてしまうことを差し引いても酷似してる。東京オリンピックのエンブレム問題のときも思ったけど、元ネタを探してくる人がネット探偵の調査能力はすごいね。このTシャツに関しては「パクリ問題以前にダサい」「着たくない」という声も。

編集S そもそもサメってとこが、いっちょかみっぽい。“サメ好き”が若い子の間ではやってるらしいよ。きゃりーぱみゅぱみゅもサメ好きを公言してたし。そこんとこをまず見直した方がいい。

大沢在昌センセ、サメブームらしいッスよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  12. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー