90年代はとっくに終わったよ

MAX、安室奈美恵への“確執告白”がお蔵入りに!? 『しくじり先生』にエイベックスが圧力か

1606max.jpg
『MAXIMUM PERFECT BEST』/SONIC GROOVE

 27日にオンエアされた『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(テレビ朝日系)で、知られざる騒動が起こっていたという。有名人が過去の“しくじり”を面白おかしく解説する同番組だが、ゲスト出演したMAXは、元メンバーサイドからの“圧力”により、ある過去のしくじりを放送することができなかったという。

 MAXは同放送で、突然の妊娠によって半脱退状態だったミーナとメンバーの確執を中心に語っていたが、当日収録したものとは内容が異なっていたという。

「放送で、かつてグループ名が『スーパー・モンキーズ』だった時期の同僚・安室奈美恵についての話が出ていましたが、実はかなりカットされたようです。スーパー・モンキーズは、大々的な“格差売り”を展開しており、それについて各メンバーから辛辣なコメントが続いたものの、放送には乗らなかったとか」(制作会社関係者)

 もともと安室はスーパー・モンキーズのいちメンバーだったが、1994年からは「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」名義が定着。各メンバーはこの措置を、リリースの後で知ったと、放送では語っていた。

「その後、安室はソロアーティストとしてスターダムにのし上がり、スーパー・モンキーズ在籍については“なかったこと”に。メンバーも放送では『奈美恵は別格だった』『でも仲は良かった』などと発言はしていましたが、収録中は『明らかに贔屓されていた』といったネガティブなコメントもしていたんです。けれど、そこが使われることはありませんでした」(同)

 こうした安室についてのネガティブな発言は、現在安室が所属するエイベックスから“全面使用NG”が出てしまったという。

「エイベックス側は、スーパー・モンキーズや安室のPVやCDジャケットなどの映像さえ全て使用NGとして譲らなかったそうです。結果的にオンエアでは、MAXメンバー同士の確執、そして関係修復をメインに編集せざるを得なかった。メンバーが安室について深く言及するのは初めてのことだけに、スタッフも意気消沈だったようです。この企画自体が、ある意味MAXにとっては“しくじり”となってしまったのかもしれません」(同)

 番組はMAXメンバー同士の仲直りがオチだったが、安室との間の距離を縮めることはいまだ不可能であることが、より浮き彫りとなってしまったようだ。安室とMAXの再コラボレーションは、果たして実現するのか?

「ジェットコースターにならない」の尖りっぷりはどうした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!