[ジャニーズ・メディアの裏側]

元ジャニーズX、“薬物セックス写真”の存在!? 芸能プロ関係者が明かす、お蔵入りになった理由

201606mdma.jpg
Photo by Damien Hirst from Flickr

 たとえ大スキャンダルだとしても、わけあって、マスコミが芸能人の写真をお蔵入りさせるケースがあるという。焦った所属事務所が、撮り直しを提案したり、別のネタを提供する代わりに写真を封印させる……といった話はよく聞くが、中にはマスコミ側が「あまりにも危険なので、表に出すことは不可能」と判断することもあるようだ。今回は、ある有名元ジャニーズタレントXの、お蔵入りになった一大不祥事写真を紹介しよう。

「発端はタレコミでした。某週刊誌の編集部に、『Xと体の関係を持っていた』という女性から匿名連絡が入り、記者が確認のため取材に動いたそうです」(芸能プロ関係者)

 世間を騒がせたベッキー不倫騒動も、もとはといえばタレコミがきっかけだった。マスコミからすれば、毎日のように入ってくる情報提供だが、ことXの一件に関しては、担当記者に戦慄を走らせたという。

「その女性が証拠として提供した写真は、恐るべきものだったそう。Xが自宅で女性とくつろいでいる写真、半裸でベッドに寝そべっている写真、そしていわゆる“ハメ撮り”。それだけならまだしも、なんとXの近くに、違法薬物らしきが置かれている写真まであったというんです」(同)

 この違法薬物は主にセックスの際に用いるもので、かつて押尾学が使用容疑で逮捕された、MDMA(通称・エクスタシー)とみられた。単なる女遊びから一転、Xには違法薬物の使用疑惑がかかってしまったのだ。

「しかし、編集部がこの件についてXサイドに問い合わせをしたところ、女性との関係こそ認めたものの、MDMAについては、当然のごとく完全否定されたんだとか。編集部内でも、写真だけでは確実な証拠とはいえないと判断され、結局、その写真は闇に葬り去られることとなったそうです」(同)

 なお、このXに関しては「元ジャニーズで、年齢は若手ではなく中年。現在でもまったく露出がないわけではないものの、全盛期のように活動しているとは言い難い。何かとスキャンダル報道が出ることもあり、世間的には『お騒がせタレント』の部類でしょう」(同)

 なんともショッキングな出来事だが、マスコミに尻尾をつかまれかけてしまったXだけに、現在こういった度を超えたお遊びからは、遠ざかってくれていることを祈るばかりだ。

写真を撮られることに無頓着なのは、元ジャニーズのSAGA?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー