[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・大野智『世界一難しい恋』16.0%で終了! 櫻井翔出演は「夢の共演」「数字稼ぎ」と賛否両論

2016sekamuzu.jpg
『世界一難しい恋』(日本テレビ系)公式サイトより

 嵐・大野智主演の連続ドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ系)が15日に最終回を迎え、平均視聴率は16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、有終の美を飾った。これまでの最高は第3話の13.1%で、以降は11~13%台で推移し、全話平均は12.9%と大健闘した。

 同ドラマは、ひねくれ者のホテルチェーンの若社長・鮫島零士(大野)が、優等生タイプの新入社員・柴山美咲(波留)を見初め、苦手な恋愛に挑むラブコメディ。鮫島と柴山は、前週の第の第9話で、一旦距離を置いていた状態から、再び急接近。そして、最終回で鮫島は、柴山とのキスを成功させ、結婚という新たな目標に向けて奮闘する様子が描かれた。

「初回12.8%でスタートした同ドラマは、続く第2話で12.9%、第3話で13.1%と順調に視聴率を上げていましたが、第4話で12.2%と1%近く落とした後、第5話、第6話は11%台に。そんななか、第7話は『ベッドシーンがある』と告知されていた効果もあってか、13.0%まで回復しました。しかし、実際にはファンが予想していたようなラブシーンはなく、作中の鮫島と柴山は大喧嘩に発展し、第8話も2人の冷戦状態が続いたためか、視聴率は12.1%と再び低下。鮫島が頑張りを見せた第9話では再び13.0%になり、最終回で16.0%という自己最高を叩きだしたわけです。今期、日テレドラマが不調なこともあり、『嵐主演で13%台では期待はずれ』とマスコミ関係者の間ではささやかれていましたが、最終回16.0%という数字には、日テレも大満足なのでは?」(芸能ライター)

 そんな最終回の見せどころは、なんといっても大野のキスシーン。さらに、嵐・櫻井翔がゲスト出演するとあって、放送前からファンの注目を集めていた。

「櫻井は、月曜キャスターを務める同局の情報番組『NEWS ZERO』の“櫻井翔”本人役で出演。大野にインタビューをするというかたちで登場しました。また最終回目前の、13日には『NEWS ZERO』に大野が番宣で出演し、櫻井と対談するなど双方のコラボで話題を呼びました。さらに、最終回当日は、朝から同局の情報番組で番宣していた大野ですが、やたらとキスシーンをアピールしていたので、このあたりが視聴率アップにつながったと思われます」(同)

 このように、大成功を収めた同ドラマだが、高視聴率を出した最終回に関して、視聴者の間では賛否両論が巻き起こっていたようだ。

「櫻井の出演について、大半の嵐ファンは『夢の共演!』などと大喜びしていたものの、一部の視聴者からは『すごくいい最終回だったのに、櫻井くんのシーンは余計だった気がする』『視聴率狙いが見え見え。ストーリー中盤にサラッとならまだしも、大事な終盤に櫻井くんって……』といった声がネットに上がり、嵐ファン向けの内輪ノリに興ざめした様子でした」(同)

 しかしながら、エンディングで発売が発表されたドラマのDVD‐BOXは、翌日午後12時時点で、ネットショッピングサイト「楽天」の予約数1位に。『世界一難しい恋』は、嵐や日本テレビにとってもいい結果をもたらしてくれたようだ。

大野担の狂乱の春が終わっていきました……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!