仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

三遊亭円楽“不倫謝罪会見”の最も気持ち悪かった点――「度量の広い妻」賛美への疑問

enrakuhurin.jpg
『六代目三遊亭圓楽襲名記念 三遊亭楽太郎十八番集1』/TEICHIKU ENTERTAINMENT(TE)(D)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「まいっちゃうよね」三遊亭円楽
(不倫謝罪記者会見、6月10日)

 写真週刊誌「フライデー」(講談社)に一般人女性との不倫現場を激写されたことを受け、落語家・三遊亭円楽が釈明会見を開いた。スポーツ新聞は“爆笑会見”と表現したが、私には何が面白いのかさっぱりわからず、はっきり言って不愉快だった。

 その原因を考えてみると、不倫そのものに対する嫌悪ではなく“すり替え”のズルさが嫌なことに気づく。

 芸能人が雲の上の存在だった時代は過ぎ、彼らはいかに一般人っぽく振る舞うかに腐心しているが、伝統芸能の世界の人には、治外法権が認められている。その代表例が「女遊びは芸の肥やし」という考え方である。結婚前の人気歌舞伎俳優に子どもがいることが露見しても、特にバッシングされることはない。それどころか、「モテない役者はダメだ」とか「甲斐性がある」「度量が広いから、オンナが放っておかない」など、変な褒められ方をすることもある。

 落語という伝統芸能に携わる円楽の会見も、善良な人から見れば「度量が広い」と言われるポイントがふんだんに用いられている。『笑点』(日本テレビ系)のプロデューサーに「不倫だけはやめてくれ」と頼まれていた上での不倫発覚。『笑点』に出演できなくなる可能性もあった一大事なわけだが、円楽は、「(「フライデー」の記者の車について)汚い車でございましてですね」「(老いらくの恋と見出しをつけられたことを受けて)名前、変えようかな。円楽あらため、老いらくです」など、悪態をついたり、ボケたりと、スキャンダルをまるで気にしていないかのようなコメントをしていて、私にはここにこの人の“小心さ”が隠されているように感じられる。

 また「私が口説いたんです、彼女に非はないわけ、うん」と、不倫相手の女性をかばっているが、仮に女性からのアプローチであったとしても、不倫であることに変わりはない(女性から誘われたら、自分に責任はないという言い訳は通らない)。窮地に立たされても、女性をかばう「度量の広い」芝居のように感じられるのだ。

 「度量が広い」役は、円楽夫人も担っている。不倫の証拠写真が掲載されることになった円楽は、夫人に電話をかけて「仕事が済んだら、きちんと説明する」と伝えたところ、夫人は「そんな心配いいから、とにかく仕事がんばりなさい」と言ったそうで、また夫人が用意したスーツの袋に「がんばれ」と書いてあったエピソードを涙ながらに披露している。

「度量の広い妻がいる俺ってすげ~!」っていう自慢だよね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク