今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

連日報じられる、舛添要一知事の新情報ラッシュで考えてみたこと

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

masuzoe1_mini.jpg
舛添要一オフィシャルブログより

◎まだ新ネタあります
 「舛添要一知事に380万円ボーナス! でも返納は寄付に当たるので不可能」って、まだ人を立腹させる新エピソードが出るってすごい。どうせなら、この更新頻度を利用して「まいにち、要一」でも作るか。

 「君は自腹? 僕は税金!」「ハゲの隙間は、都税で埋める」「だって欲しかったんだもん」「ヤフオクで人気も買えたなら」「腹は黒いが、領収書は白い」「ごめんで済むから、警察はいらない」……。

 あきらめないで、リコール署名やろう。146万人分、見事集まったその日が「新・都民の日」だ。

◎大きすぎる地殻変動
 ジョディ・フォスター、『5時に夢中!』(TOKYO MX)出演。どんな経緯を経て出演が決まったのかは知らないが。ほかの番組に出るより、出演自体がニュースになるし、何かこう親近感も湧くしで、なかなか効率のいいプロモーションといえよう。これをきっかけに、「大物外タレが来日するたび、なぜか『5時に夢中!』に出ている」という流れができたら面白いのだが。いい画ヅラだ。

 これまでは、外国から来た大物スターは『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の「BISTRO SMAP」に出演、というのが不文律だったのだが。「あそこはもう……」というニュアンスが、プロモーターにも伝わってるってことか。潮目が変わるって、こういうことなんだな。ボディブローで、じわじわ実感。

◎その時は近い
 古館伊知郎、トークショーで再起動。客席にはテレビ関係者が大勢詣で、ギャラクシー賞受賞の一報も。次の仕事に注目が集まるところだが、『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)の司会というのはどうだろう。

 たかじん亡き後、ズルズルっと辛坊治郎が遺留分の遺産で司会に納まっているあの番組。ここ最近はパネラーも含め、全体的に「遺留分色」の強い人間ばかりで、往年の輝きが失われて久しい。

 キー局に対し、積もり積もったものがあるであろう古館と、「キー局では取り扱わないタブーに斬り込む」という番組方針が交わったとき、何か大きな化学反応が生まれるような気がするのだが。

 どうせ辛坊はそろそろ「ヨット乗りたい」って言い出す頃だ。夏が近づくにつれ、半腰浮いてソワソワ。「もう一度男にさせてください!」ってあっちから言い出すのを待とう。その時に晴れて「みなし遺留分放棄」だ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  18. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  19. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ