【うわさの会見場から】

黒木華、「昭和顔」を「昭和の女優顔」とポジティブに勘違い!? 記者も観客も“ポカーン”な一幕

2016rvw.jpg
『リップヴァンウィンクルの花嫁』公式サイトより

 女優の黒木華が4月22日、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』(岩井俊二監督)の大ヒット御礼舞台挨拶を行った。素朴で純情そうな、どこか昭和時代を感じさせる顔立ちで、山田洋次監督の映画をはじめ、さまざまな作品にひっぱりだこの黒木。この舞台挨拶中の質問コーナーでは、観客の男性から「昭和顔」と指摘される場面があったという。

「観客に『昭和顔ならではの役作り方法』などを聞かれた黒木は、『そんなに昭和顔なのかな?』と照れ笑い。『昭和の女優さんは凹凸のあるお顔の方が多い。昭和の女優さんと比べたら私は薄い顔立ちなのに……申し訳ない気持ちになります。すみません……』と、恐縮したように続けました。どうやら『昭和顔』の意味を勘違いをしたようです」(芸能記者)

 一般的に昭和顔とは、雰囲気が素朴で垢抜けない顔のことを指すことが多い。

「黒木の返答に、質問した観客も記者たちもポカーンとしていました。誰もツッコむことができず、一緒に登壇していた岩井監督も『たしかに、華ちゃんと原節子さんは全然似ていないね』と言うだけでした。 さらに黒木は、『岩井監督は私を“平成の最先端女優”と言ってくださっています。昭和顔で時代劇も違和感なく見ていただけるし、今回のように現代劇もできる。色んな役ができる女優になれたら』と語るなど、自身の女優としてのスタンスを語っていました」(同)

 黒木のこれら発言が報じられると、ネット上では「昭和顔って言われすぎてイラっとしたのかな」「昭和の平均顔ということですよ」「私は女優よ! って感じなんだろうね。だから昭和顔って言われてるだけなのに、昭和の女優と勘違いしちゃう」などといった声が噴出。一方で「透明感ある今どきの顔だと思う」「でも演技は上手だから」「和服が似合ってていいと思う」と評価する意見も上がっている。

 大河ドラマ『真田丸』(NHK)で真田幸村の初恋相手役、ドラマ『重版出来!』(TBS系)では連続ドラマ初主演を務めるなど、ノリにノッている黒木だが、その秘訣は素朴な顔立ちと演技力だけではなく、このポジティブシンキングにあるのかもしれない。

蒼井優の仕事をどんどん食い漁ってる!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク