芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

baila201605.jpg
「BAILA」2016年5月号(集英社)

 今月はプレ創刊記念号とのことで、いつもよりお値打ちな「BAIRA」5月号(集英社)。15周年ありがとうプライスで640円と、お正月の時よりさらにお安くなっています。しかも別冊付録もついている! その名も「(心とお金に余裕ができる)4ステップで人生を変えるハッピーマネーBOOK」。お年玉価格よりお得な上に、この至れり尽くせり感。ここまでしてもらったからには来月から「BAILA」買うのやめて貯金しなきゃ! という気分になってしまいそうです。

<トピックス>
◎きれいな色気で着るシャツ、大人の可愛げを足すブラウス
◎簡単6ステップで“色リハビリ”始めます!
◎食いしん坊ジャーナル 7days食パン

■いくつになっても着づらいアイテム

 今月の特集は「毎日の素敵はこの2アイテムが連れてくる 『きれいな色気で着るシャツ』&『大人の可愛げを足すブラウス』」です。確かにこれからの時期は、2アイテムとも何かと入り用なアイテム。「一枚あれば、なりたいおしゃれのムードを簡単にインストールできる」とありますが、バイラ世代のお仕事女子ならば、すでに1枚どころではない数がクローゼットに常備してあるのでは? 去年の4月も特集組んでごり押ししていましたし……。

 特集はまずシャツ編からスタート。押さえておきたいアイテムやポイントを紹介していく中、ハイプライスに混ざってさりげなくユニクロが入っている辺りに、堅実&無難な「BAILA」らしさを感じます。そんな中ひと際、異彩を放っていたアイテムが「サファリシャツ」。いや、サファリシャツ自体におかしな所は何もないのですが、問題は使っている写真。モデル・比留川游がイエローオーカー色のサファリシャツを着て赤いバンダナを巻いている……。とっさに連想したのが『世界ふしぎ発見』(TBS系)のマスコット・ひとし君!! 一度そう思ってしまうと、もうどう見てもそうとしか思えません。

 しかもこの赤バンダナは「小さくても効く赤で印象的に」とされ、どうも特集の推しアイテムらしい。確かに印象的ではありますが、どういうシチュエーションを想定したのかあまりにも謎。まず間違いなくギョッとされるでしょうが、せめてこれを素直に実践した読者に、「ひとし君」というあだ名が定着しないことを祈るばかり。「普段無難な女ほど、一度弾けるとヤバい」という定説を見たような気分です。

 続くブラウス編も、そんな弾けっぷりが炸裂。シーン別にポイントを紹介していく構成なのですが、なぜか全体的にコーディネートがやさぐれているんです。いくらはやりといったって、職場にオフショルダーは事故の予感しかありませんが、大丈夫……? 一応、クルーネックとしても使えるらしく、「飛ぶように売れている」のだそうですが、チャレンジ精神がやや前のめりすぎ! 少なくとも新入社員からは「ヤバい先輩」と警戒される事必至。しかもこれはまだ5月号のはずなのですが、とろみ素材で半袖オフショルダーの“これ以上出すとこなさげな通気性抜群”ブラウスを紹介されても「夏は何着るの?」という感想しか出てきませんでした。

『BAILA(バイラ)2016年05月号 [雑誌]』 分厚い食パンにピーナッツバターべた塗りって、ブス飯だからね amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!