アンチすら魅了させる人柄

カレンダー爆売れ&テレビ出演3倍! NON STYLE・井上裕介、“謎の快進撃”の業界評

nonstyleinoue.jpg
嗜好が一周すると、たまらなくかわいく見えるお顔

 お笑いコンビのNON STYLEが4月17日、トークバラエティ『誰だって波瀾爆笑(はらんばくしょう)』(日本テレビ系)にゲスト出演し、日曜朝の時間帯にしては高視聴率の10.8%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
 
 そこで視聴者を驚かせたのが、ツッコミ担当の井上裕介が手がけて発売した『まいにち、ポジティヴ!』(ヨシモトブックス)の売り上げだった。これは、松岡修造の日めくりカレンダー『まいにち、修造!』(PHP研究所)のいわば後追い企画として売り出された、井上のスーパーポジティブな金言が書かれたカレンダーだ。

 これが大方の予想を裏切り、なんと10万部をセールス。2015年のカレンダーランキングでは『まいにち、修造!』(1位)には及ばなかったものの、あのKis‐My‐Ft2(3位)や Hey!Say!JUMP(4位)、さらには福士蒼汰(5位)を抑えて、堂々2位の売り上げを記録したという。
 
 さらに同番組では「ノンスタ井上プリ」(フリュー株式会社)という、井上とコラボしたプリント・シール機も紹介。このプリ機のカーテンには、彼のイラッとくる「キメ顔」写真が大きく張られ、実際の撮影時にも、井上自身による音声ガイドが流れる。さらに写真には、井上の全身ポーズや、「好きって言ってもいいんだよ」などの直筆メッセージをスタンプすることができ、「井上」を心ゆくまで満喫することができるというシロモノ。

 ただ、この機械は現在のところ1台しかないため、全国のゲームセンターやアミューズメント施設を順次回っているというが、各施設で数日間しか設置されないこともあり、名古屋では最大9時間待ちという異常事態を引き起こすなど人気を博しているのだとか。

「快進撃は、それだけではありません。彼のセクシーな体をフィギュアにしたガチャガチャ(タカラトミーアーツ)や、人気スナック菓子『ベビースターラーメン』(おやつカンパニー)の“井上プロデュース”商品も発売されています。彼が今、エンターテンイメント界、さらには食品業界で重宝されているのは間違いない」(テレビ業界関係者)

一体どうして彼は企業から引く手あまたなのか? やはりそこには近年の女子中高生人気があるといえよう。
 
 14年、「Ameba」提供の女子中高生を中心とした10代向けブログ「Candy(キャンディ)」が、サービスを利用する女子中高生を対象に“好きな芸人・嫌いな芸人アンケート”を実施したところ、NON STYLEが、2位のパンサー(95人)に大差をつけ、1位(174人)に輝いたニュースをご存じの方も多いだろう。さらに、同年に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で女子中高生300人に好きな芸人について街頭アンケートしたところ、やはりNON STYLEが1位だった。
 
「これらの人気は何より、Twitterに寄せられる誹謗中傷に対して絶妙な切り返しで笑いを誘う彼のポジティブさが受けていることが理由でしょう。例えば『地獄に堕ちろバーカ』という暴言に対しては『天国に這い上がるぜイエーイ!!』、また『お前を深海に沈めるぞ!』という脅迫には『深海が輝いちゃうから、やめときな!!』、そして『顔、終わってますね』という指摘には『それなら、また始めればいいやん!!』など、どこまでもポジティブです。こうした根っからの明るさに『元気が出る』『勇気がわく』とティーンが熱狂。今回、そんな若者の消費拡大を狙う企業が、井上に目をつけたのでしょう」(業界関係者) 

 井上をめぐる「商品化」ムーブメントは、テレビ出演にも好影響をもたらしている。
 
「14年3月のテレビ出演でいえば、コンビ・ピン合わせてNHK総合を含む東京地区地上波オンエア本数は9本でした。それが今年の3月だけを見ると、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『ダウンタウンDX』『ロンドンハーツ』『メレンゲの気持ち』『内村てらす』(いずれも日本テレビ系)といったコンビでの出演はもちろん、井上のみでは『解決!ナイナイアンサー』『踊る!さんま御殿!!』『ジュウブンノサン』(同)、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)、『にけつっ!!』(読売テレビ)、石田は『プレバト!!』(TBS系)など合計29本と、3倍に増えていることが明らかになっています。まさに再ブレイクと言っても過言ではないでしょう」(芸能ライター)

 こうしてSNSで注目を浴びたことで、企業メーカーとタッグを組み、最後に主戦場となるテレビに再び帰ってきたNON STYLE。特に井上はネットユーザーを味方につけたことで、芸人生命が延びた稀有な存在といえるだろう。これから彼がどんな商品とコラボするのか、そしてテレビでの今後の活躍も楽しみにしたいところだ。
(後藤港)

七福神のえびすさんみたいでかわいい★

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー