代表作は『踊る大捜査線』

フジ・亀山千広社長、来年4月でクビ!?  月9大爆死、『水曜歌謡祭』深夜落ちの「黒歴史」

kameyamachihiroaisatu.jpg
フジテレビ公式サイトより

 福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)が第2話の時点で、視聴率1ケタを記録したことにより、局内で“あるウワサ”が現実味を帯びてきたようだ。フジの低迷が続く中、2013年から新社長となった亀山千広氏の“解任説”がささやかれているという。

「フジは現在、朝の情報番組『ノンストップ!』以降、深夜まで低視聴率が続いている状態で、日によっては全時間帯1ケタということもザラ。安定して2ケタをキープしているのは、もはや『サザエさん』と『痛快TVスカッとジャパン』程度です。バラエティやドラマも含めて1ケタだらけとあって、局内部の人間からでさえ『笑えてくる』という皮肉が聞こえてきます」(スポーツ紙記者)

 フジは挽回策として、今年春の改編で、『ごきげんよう』と昼ドラ枠のご長寿番組を打ち切り、日中を全て生放送でつなぐという戦略を打ち出したが、その効果も期待はできないようだ。

「『直撃LIVE グッディ!』『みんなのニュース』の生放送番組は、現状2~3%台。また新しく生放送の番組を増やしたところで、視聴率が目に見えてアップするとは思えません」(同)

亀山社長の“肝いり”といわれてきた番組も、これまでことごとく失敗が続いている。

「特に象徴的だったのが、15年4月スタートの『水曜歌謡祭』。MCに森高千里を口説き落とし、毎回大勢のゲストを出演させる生放送というバブル感満載の番組でしたが、ゴールデン帯であるにもかかわらず、3%台まで視聴率が低迷してしまったんです。そして、なんとたった半年間で番組名変更と放送時間帯も“深夜落ち”。いくら亀山社長の就任以前からフジが低迷していたとしても、ここまで勘定違いをしてしまっては、解任説が浮上するのも当然」(芸能プロ関係者)

 ほかにも、亀山社長の“黒歴史”は枚挙に暇がない。EXILE・AKIRA主演の『HEAT』第6話が、テレビ東京を除く民放のゴールデン/プライム帯ドラマでの今世紀最低視聴率2.8%を記録、また“高視聴率女優”として知られた篠原涼子主演の『オトナ女子』も爆死し、さらには日曜ゴールデンの3時間枠『日曜ファミリア』も、ドラマ枠の復活で半年の撤廃となった。

「亀山社長をめぐっては、開局以来初めて営業利益が赤字転落した昨年、一部週刊誌で『風水に影響されてフジ敷地内に噴水を設置した』などと報じられたこともあり、社内外からも“解任論”が噴出したことも。本年度でお役御免という流れも頷けるものです」(同)

 もしも社長交代となれば、来年4月、フジにとってはさらなる大変革となるかもしれないが、下げ止まりの気配さえ見えない低迷が、まずは少しでも上向くことを祈るばかりだ。

木村兄さんには「亀ピー」と呼ばれてます

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー