漫画家・大橋裕之×とあるアラ子対談(後編)

「炎上してもへこたれない、はあちゅうになりたい」 ネット時代の漫画家が考える、批判への対処法

arako-ohashi6_mini.jpg
とあるアラ子さん(左)と大橋裕之さん

(前編はこちら)

 普通の女の子の目線からサブカル・コミュニティを描いた『わたしはあの子と絶対ちがうの』(イースト・プレス)。作者のとあるアラ子さんと最新作『太郎は水になりたかった』(リイド社)が好評の漫画家・大橋裕之さんに、SNSの活用について語っていただきました。

■「私の作品400円」という恥ずかしさを越えて

とあるアラ子(以下、アラ子) 私は最初、作品をイベントで売っていたんです。誰からも頼まれてないマンガを描いてコピーしてホチキスで留めて「これ400円」と勝手に値段をつけて売るのって、冷静に考えると、相当頭がおかしいですよね。

――それは本作の元になった『何故わたしは恋人のCD棚を端から聴き、レビュするようになったのか漫画』ですね。

アラ子 そうです。最初は恥ずかしさで、気が変になりそうだったのですが、一度経験したら、「もう誰にどう思われてもいいや」って、いろんなことが吹っ切れました。

 私は最近、大橋さんの自伝漫画『遠浅の部屋』(カンゼン)を何度も読み返しているんです。若かりし頃の大橋さんの過剰すぎる自意識がめちゃくちゃ伝わってきて、私はもう30代ですが、すごくシンパシーを感じます。大橋さんも商業デビューの前に、漫画を自費出版されていたんですよね?

tooasanoheya.png
『遠浅の部屋』より

大橋裕之(以下、大橋) 何度賞に応募しても落選していたので、とにかく読んでほしいと自費出版から始めたんですが、仕事にはしたかったので、いずれは商業出版ができたらいいなと思っていました。

アラ子 今はコミケやpixivからデビューする人もいますが、当時はどうでしたか?

大橋 ブログからデビューしている人もいましたけど、今ほど多くはなかったですね。

――賞に入選しないから諦めよう、と思わなかったのはなぜですか?

大橋 怒りですかね。賞に選ばれた作品を読んで、俺のほうが面白いのになって。

taro1.jpg
『太郎は水になりたかった』より
炎上上等

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー