時代が変われば女も変わる

上戸彩の牙城崩した! 新CM女王は“ネット炎上常連”の清純派女優!

suzuhirose_160310.jpg
『広瀬すずPHOTO BOOK「17才のすずぼん。」』(集英社)

 ビデオリサーチ社が「2015年の年間テレビCM出稿動向」を発表し、15年の“真のCM女王”は上戸彩ではなく、広瀬すずであることが明らかになった。

 同調査では、「タレント別テレビCM量」と「タレント別テレビCM広告主数ランキング」を公表。「CM量」はテレビCMに出た秒数で、「いかにCM露出が多かったか」を、ランキングにしたもの。関東地区の「タレント別テレビCM量」トップ10は、

1位=濱田岳(272,355秒/KDDIなど)
2位=上戸彩(271,485秒/ソフトバンクなど)
3位=桐谷健太(255,360秒/KDDIなど)
4位=松田翔太(248,265秒/KDDIなど)
5位=広瀬すず(231,990秒/ソフトバンクなど)
6位=綾瀬はるか(195,315秒/P&G レノアハピネスなど)
7位=西島秀俊(192,600秒/タケダ アリナミンEXプラスなど)
8位=有村架純(184,420秒/KDDIなど)
9位=樋口可南子(177,770秒/ソフトバンクなど)
10位=ダンテ・カーヴァー(168,020秒/ソフトバンクなど)

女性タレントでは、「出稿秒数」に関しては、上戸がトップだった。ところが、「CM広告主数ランキング」(関東地区)となると、状況が変わり、

1位=広瀬すず(19社)
2位=山本美月(18社=ジーユーなど)
3位=有村架純(17社)
3位タイ=石原さとみ(17社=花王フレアフレグランスなど)
5位タイ=綾瀬はるか(16社)
5位タイ=桐谷美玲(16社=東建コーポレーションなど)

「出稿秒数」女性トップの上戸は、トップ5にも入らず、広瀬が堂々の首位。山本が、有村や綾瀬といった連ドラ主演級の人気女優を抑えて2位に入る健闘ぶりだ。

 昨年12月に、ニホンモニター社が発表した「2015タレントCM起用社数ランキング」(関東地区)では、上戸が13社でトップ。有村、杏、広瀬、山本、嵐・相葉雅紀の5人が12社で2位に並んでいた。ただ、この調査の対象期間は15年1月~11月までの11カ月間で、12月は対象外。その点、ビデオリサーチ社の調査対象期間は1月~12月までであるため、こちらの方が、最新の状況をより反映したデータといえる。「出稿秒数」では上戸が女性トップだったが、「広告主数ランキング」で男女通じて首位の広瀬が、15年の“真のCM女王”といってよいかもしれない。
(森田英雄)

今後とも末長くスキャンダルを追っていきたいと思います

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. 『カウコン』意外な舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー