10万人もファンがいるの!?!?

EXO、「non-no」表紙で完売&緊急重版! 人気高騰に韓国ファン「日本活動しないで」

exo-nonno.jpg
「non‐no」(集英社)4月号

 韓国の男性グループ・EXOが表紙を飾った女性ファッション誌「non‐no」(集英社)と「Ray」(主婦の友社)4月号が、異例の事態を巻き起こしている。海外男性グループが「non‐no」のカバーモデルを務めるのは創刊45周年で初の試みだが、発売3日で完売、4万部を緊急重版し、計10万部が流通するという“バカ売れ状態”になっている。現在、首都圏の書店では入手困難で、昨年日本デビューと同時に東京ドーム公演を実現させたグループだけあって、今回もその人気の高さを見せつけた格好だ。

 当然、韓国のEXOファンもこの事態に興味津々。くだんの雑誌を手に入れるべく、共同購入や購入代行サービスを利用する人もかなり多いようだ。ネットには、すでにインタビュー記事の翻訳や画像も出回っている。今回の騒動について、「EXOがちょっと雑誌に出ただけでこのような騒ぎになるなんて、EXO効果すごすぎ」「両誌とも、なんとかゲットできた。今後はEXO絡みで日本へ行くこともあるかもしれない」「“韓中グループ”だから中国語の勉強をしてたけど、これからは日本語も勉強しなきゃいけないかも」といった、うれしい悲鳴が聞こえる一方、EXOの日本活動に不快感をあらわにするファンも少なくない。

「正直、日本で活動しないでほしいよ。EXOはもともと韓国と中国をターゲットに作られたグループなんだよ。だから日本人メンバーもいない。そのアイデンティティを忘れちゃいけないと思う」
「日本は著作権の概念もしっかりしているし、コンサートのチケットも中国よりは安いからいいけど、その分、韓国での活動が減るのは寂しい。海外アーティストとして、たまに日本でコンサートを開くぐらいがちょうどいい」

 デビュー当時は12人でスタートしたEXOだが、中国人メンバーの連続離脱によって、現在は9人体制で活動中。しかし、ただ1人残る中国人メンバー・レイは中国での個人活動に励んでおり、東京ドーム公演や「non‐no」「Ray」の表紙にも登場していない。

 現在、韓国では、9人体制を支持するファンと、8人の韓国人メンバーだけを支持するファンの確執が広がっている状況だ。そんな中、日本で韓国人メンバーだけが大きな話題となったことに違和感を抱くファンも少なくない。これから大々的に繰り広げられるであろう日本での活動は、果たしてEXOをどんな方向へと導くのだろうか?
(李ハナ)

「週刊女性」とか週刊誌にも出てるのに……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー