芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

 みなさんはじめまして、こんにちは! みほたんと申します。私はインターネット上に文章を書いたり、歌ったり踊ったり自撮りしたりしながら、日々東京で元気に貧乏暮らしをしている者です(詳しくはブログにて☆)。

 これまでの生い立ちを紹介させていただきますと、母親に「ブサイクブサイク」と言われながら育てられ、学校では男子に砂をかけられ、大学生になった頃にやっと人並みの顔に成長して一転。モテると勘違いした20代前半を経て、恋愛系のコラムをネットに書き散らかしているうちに立派なアラサーになりました。

 こんなにも毎日恋愛について考えているのに、なぜ理想の男性に出会うことが出来ないのか!? 上京して2年。毎日たくさんの人とすれ違うのに、なぜ電車で前の席に座っているイケメンと私は運命を交差させることが出来ないのか!?

 この連載では日々マッチングアプリパトロールをし、週末は合コンからのナンパスポットのはしごをして回る〈出会いのセミプロ〉こと私みほたんが、自らいろんな場所に突っ込んでいき、どんな人に会えるのか!? そしてあわよくばオイシイ思いは出来るのか!? そんな実録・出会いファイルを綴っていきたいと思います。

◎友人の一言でハマった「マッチングアプリ沼」

 さて、第一回目の今回は、去年私がとってもお世話になったマッチングアプリについてです。

 2015年4月某日、バブルサッカーに興じる私に、当時遠距離恋愛中だった彼から「次会った時に別れ話するからな」感のある電話が入りました。わかるじゃないですか、そういうのって。バブルサッカーのバブルに包まれながらも見る見る元気がなくなっていく私に、一緒にいた友人が「いいアプリあるヨ!」と勧めてくれたのがTinderでした。

 その後、予想通り彼氏にフラれ、マッチングアプリ沼にズッブズブに落ちていきました。イエーイ! さらには自分がハマるだけでは飽き足らず周りにも勧めまくり。これが「友達招待したらポイントゲット!」みたいなソーシャルゲームだったら、相当な恩恵を受けられるだろってくらいダウンロードさせました。

 挙句の果てに、Tinder以外のマッチングアプリにも手を出す始末……。そこで今回は、星の数ほどあるマッチングサイトを比較していきたいと思います。「マッチングアプリって、結局は出会い系でしょ?」「怖いし、変な人が多そう」なんて思いながらも「出会いがない」と悩んでいる方は、ぜひ一読してみてください。ちなみにどれもFacebook連動で使っていました。

◎結婚率No.1アプリ(みほたん調べ)

<pairs>
婚活度   ★★★★★
イケメン度 ★★☆☆☆
出会える度 ★★★☆☆
使いやすさ ★★☆☆☆

 一番知名度の高いマッチングアプリなのではないでしょうか。「知り合いの知り合いくらいの人がpairsで結婚したらしいよ!」なんて話をゴロゴロ聞きます。特徴は何といっても細かく条件を絞れること。「そんなにこだわらないよ~」という場合でも細かく設定しないと、軽く2~3千人がザクザク発掘されてきてしまいます!

 しかし、このアプリは結構重いのが難点。だんだん削がれていくやる気……。参加者の結婚に対する気持ちも重ければアプリも重い。まぁ機能たくさんあるから仕方ないですね。なので「別にほんとは都内在住にこだわってないけど埼玉、神奈川、千葉はカットしちゃおう」「タバコくらい吸ってもいいんだけどNGにしたほうが絞りやすい!」なんて贅沢なふるいにかけると、一段と探しやすくなります。その結果、どんだけお高い女の出してる条件なんだ……って設定になることもしばしば。

 ちなみに私が<pairs>を使って実際に会ったのは1人だけ。大阪に住んでいた頃に、イケイケ経営者とお茶しました。「あわよくば美味しいご飯おごってもらお~」とハイスペ条件で探し当てた人だったのですが、連れて行かれたのは全国チェーンのコーヒー屋さん。あれは何だったんだろう……。あと東京来てから若いイケメンと会う約束したのに、新宿で待ちぼうけさせられたことももあったな。あれも何だったんだろう……。

 個人的な楽しみは「高収入ハイスペ職業」もしくは「意識高い系大学生」のプロフィールを読むことですかね。大体プロフィール写真からして、もう面白い。プロの宣材写真。たまに「嘘だろ!?」っていうオモシロ経歴の人も見つけます。私の知人男性で「自分で事業を立ち上げて経営者として働きながら、お医者さんの顔も持ち、世界一周もしました!(これは全部本当)」っていう人がいるのですが、彼を<pairs>内で見つけたら、まんまその通りのプロフィールを書いていたので、あながち無茶苦茶なプロフィールも嘘ではないんでしょう。だからと言って全部は信用出来ないですが、読むだけでもまぁ楽しい。

◎入会審査通過は狭き門

<JOIN US>
婚活度   ★☆☆☆☆ 
イケメン度 ★★☆☆☆
出会える度 ★☆☆☆☆
使いやすさ ★★★☆☆

 「今日飲みに行く人を探せる」というアプリです。リリースされた当時、会員になるのが狭き門で「審査通過率30%」というキーワードで話題になりました。というのも、不正防止のために審査基準は公開されていませんが、Facebookアカウント上の何かを重視した厳格な基準が設けられたサイトなんです。

 <JOIN US>は、いわゆる恋愛系のマッチングアプリではありませんが、今日飲みに行く人を探す=サクッと異性と出会えることには変わりありません。特徴は、お昼の12時から次の日の朝5時までしかログインすることが出来ず、次の日になると履歴はリセットされてしまうこと。本当にその日限りの出会いです。

 ログインしている間には、ランダムで他にログインしているメンバーが表示され、その人たちには自由にアプリを介してメッセージを送ることができます。なお、条件を絞ることは出来ないので、男女問わず表示されます。距離も自分で設定することはできないのですが、まぁ近い人が表示されている模様。

 私が<JOIN US>にて実際会ったのは3人です。どの人とも本当にサクッと飲みに行って解散しました。確かにみんな悪い人ではなかったし、それなりに楽しかった。けど……もともと趣味が合うわけでも「めちゃくちゃ顔がタイプ!」って選んだわけでもないので、その後会うことはありませんでした。まぁ「新しいモノ好き」とか「狭き門に受かっただけある“ちゃんとした人”」が多い印象なので、アタリを引くこともある……かも?

◎サブカルに優しくゆるふわ系

<タップル誕生>
婚活度   ★★★☆☆
イケメン度 ★★☆☆☆
出会える度 ★★☆☆☆
使いやすさ ★☆☆☆☆

 うたい文句は「趣味でつながる恋活」。特徴は「音楽好き同士で」「家でまったり派」「スポーツ観戦」など、趣味カテゴリーをいくつか選んだ上で、さらに条件を加えて検索できること。あとは、画面にひとりずつ表示されて左右スワイプでOKかNGか選んでいくところです。

 なぜか周りの男性陣からの支持が高かったこのアプリ。私も男の子に勧められて始めました。もとからサブカル男子とばかり付き合ってきたので「音楽」や「アート系」のカテゴリーがあるのはありがたいし、何よりカテゴリーの中に「ぽっちゃり好き男子」がある。そう、趣味とはそういう趣味も含むらしい。ぽっちゃり女子歓喜!

 しかし、自ら条件を絞って探す場合はいいとして、相手からいわゆる「イイね」(タップルでは「いいかも!」と言います。ゆるふわコミュニケーション……)をされた時に一覧で見れないのがマジで辛い! なんと、ひとりひとりスワイプして、「いいかも! されてるかな、されてないかな……?」と確認しないといけないのです。これ、数日アプリを放っておくと100人、200人……と途方もない作業!! アプリを開くたびに何十人もの自分の条件外の人を「イマイチ…」側にスワイプする苦行を強いられます。というわけで私は<タップル誕生>では出会っていませーん。

 <タップル誕生>は男性陣は課金しないとほとんど使えないほどの制限がかかるので、あの男の人たちも「これだけ課金したんだから頑張ってやる!」という意味でこのアプリを推していたのでしょうか……。

 そういえば、最近聞いた面白い話は「趣味でつながるタップルで出会って付き合ったのに、趣味が合わなくて別れた」っていう人がいたことです。ま、私の元カレの話なんですけどね!

 今回は長くなってしまったので、狂ったように使っていた<Tinder>については次回書きたいと思います。それでは、これから皆さんよろしくお願いします!

■みほたん/自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 メンバーそれぞれが難点を持つアイドルOTAFUKUガールズの貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!