[ジャニーズ・メディアの裏側]

TOKIO・長瀬智也『フラジャイル』1ケタ連発で、ドラマ界以外からも「需要なし」コール!?

hurazyairu2016.jpg
『フラジャイル』(フジテレビ系)公式サイトより

 TOKIO・長瀬智也主演の『フラジャイル』(フジテレビ系)が、相変わらずの苦戦を強いられている。17日放送の第6話では、裏の堀北真希主演『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)の視聴率を初めて上回り、ようやく一矢報いた格好だが、「漫画原作のジャニーズ主演作でこの数字は、完全に期待はずれ」(テレビ局関係者)と厳しい意見が聞かれるようだ。

 当初『フラジャイル』の主演は、嵐・松本潤だと一部女性週刊誌に報じられた。しかしその後、正式に情報解禁となった際に、主演の名前は長瀬に差し替えられていたという。

「少なくとも情報解禁の1カ月程前までは、主演の名前は確実に松本でした。業界内では『ジャニーズとフジの間で仲違いが起こったのでは?』とウワサされましたが、松本の代わりに、同じ事務所の長瀬が起用されたことを考えると、そこまでの大ごとではなかったのでしょう」(制作会社スタッフ)

 後輩の降板により、約2年半ぶりに連ドラ主演を手にした長瀬。ところが視聴率は初回から1ケタ台と、低空飛行が続いていた。

「タレントという職業の“花形”といえば、やはり連ドラの主演ですが、現在の長瀬には少々荷が重いのでは、といわれています。また、最近ではマスコミ関係者から、『プライベートの恋愛ネタも需要がない』といわれているようです」(週刊誌デスク)

 12日発売の「フライデー」(講談社)では、長瀬が友人男性と代官山のカフェで「血圧とか中性脂肪とか高まるとマズいんだよな」などと、健康談義に花を咲かせている様子が伝えられている。

「たまに週刊誌で扱われる内容でさえ、この程度。長瀬は2014年に美人ヴァイオリニストとの熱愛が報じられ、すでに相手の実家に挨拶済みとまでいわれましたが、その後まったく続報は聞こえてこない。すでに破局しているのか、結婚に近づいているのかさえわからない状況です。なぜ続報が出ないかというと、長瀬のネタはどんなビッグニュースでさえ、まったく売り上げに結びつかないんです。10年前に破局した浜崎あゆみとの交際は、ファンのみならず世間の注目を集めていたものですが、後に付き合っていた相武紗季との関係が世間に浸透してきた頃には、すっかりプライベートに興味を持たれなくなってしまいました。マスコミ関係者の間で、長瀬は“数字を持っていない男”といわれています」(同)

 しかし、この状況とは裏腹に「相変わらず日本テレビの『ザ!鉄腕!DASH!!』は絶好調。長瀬やTOKIOのファンには、ドラマやプライベートの熱愛ネタより、バラエティでの活躍の方が重要なのかもしれません」(同)というだけに、ドラマの視聴率が爆死した程度では、長瀬の芸能活動に悪影響は出ないのかもしれない。

健康談義に花を咲かせる長瀬の愛らしさ、むちゃくちゃ需要あるよ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー