[ジャニオタ茶飲みトーク]

『ジャニワ』伝説の“ニョロニョロ”全貌、嵐の“手つなぎ”事情! 細かすぎるジャニーズ写真

ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中! 

jgene03.jpg
J-GENERATION」2016年3月号(鹿砦社)

B美……28歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……34歳 デビュー組からジャニーズJr.に降りたばかりの月刊誌編集者。好きなアイドルは若い子。

B美 こないだの『ミュージックステーション』(テレビ朝日系、1月29日放送)はスゴかったね。Sexy Zone・佐藤勝利&中島健人が「勝利&健人withジャニーズJr.」として登場したじゃん。出演者からして、舞台『ジャニーズ・ワールド』の世界観かなと思ったら、やっぱり期待通りだった。

C子 ホント、ジャニー喜多川社長がイチオシするメンバーばっかりだったもんね。でも、さすがにジャニーズマンションは持って来られなかったか……。あのスタジオにジャニーズマンションを持ち込むところ、ちょっと見てみたかったけどなぁ。

B美 ジャニーズJr.はMr.KINGとHiHi Jetがメインだったよね。やっぱ、度肝を抜かれたのは“バレエの子”じゃない? あの子って『ジャニワ』出てないし、その横で平野紫耀はバトン回してるわ、HiHi Jetメンバーはローラースケートでバンバンすっ転んでるわ……。なんとも言えないシュールな空間だった。

C子 あのバレエの子、山下智久が出演した『MUSIC JAPAN』(NHK、2月8日放送)のバックにいたって話題になってたよね。詩吟の今野貴之、三味線の村治将之助とか“一芸枠”って結構いるけど、バレエの子は今後どういう活動をしていくんだろう。

B美 でさ、『Mステ』で思ったんだけど、「HiHi Jet」の曲を真剣にパフォーマンスできる健人ってすごいわ。最初に健人&勝利が並んだ時点ですごくキレイな絵面だなと思ったけど、この2人だから見られたようなもんだよね。

C子 でも健人、歌詞の「風切っちゃってさ 加速度」の後の「woo hoo」ってところ、イキりすぎじゃない? あれ、そんなにカッコつけてやるパートかな?

B美 そうそう!! 歌いこなしてるっていうか、自分のモノにしてるよね。健人が歌うと、より名曲に聞こえる気がする(笑)。それにしても、バスケ、ファンカッション、バトンと、よくもまぁこんなに『ジャニワ』の世界を詰め込んだなって感じだよね。あ、さすがに殺陣とかフライングは入れられなかったけど。『NHK紅白歌合戦』より豪華だった。2020年にある東京オリンピックの開会式・閉会式の予行練習かと思うくらい。

C子 勝利は笑顔で乗り切ってる感あったけど、健人はジャニーさんのトンチキにも負けない表現力があると思うわ。あと私は、ジャニーズマンションもそうだけど、例の“ニョロニョロ”をテレビでやってほしかったな……。ほら、『ジャニワ』で7月の戦争の場面で出てきた、白い謎の物体よ。出演者が胸から出して“魂をイメージしてるのでは”と言われてたヤツ。

五関と勝利は表情管理に厳しいの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!