罵り合い動画が3300万回再生!

「EXOは全員整形」発言で炎上! 長期戦化するEXOとTFBOYSファンの“場外乱闘”

exomain.jpg
『Love Me Right ~romantic universe~』/avex trax

 ここ数年、中国では韓国アイドルグループが絶大な人気を博しており、中国版Twitter「微博」では、数百万人にも及ぶ中国人ファンが彼らの公式アカウントをフォローしている。中でもEXOの人気はダントツで、彼らの動向は中国メディアでも毎日取り上げられているほどだ。しかし、アイドルファンたちによる“場外乱闘”もしばしば起こっている。

 今回話題になっているのは、EXOと“中国版ジャニーズ”といわれる純国産アイドルグループ・TFBOYSのファン同士の争いだ。1月20日、あるユーザーが両者のファンに対して「冷静になれ」というコメントを投稿、半年以上続く不毛な争いを終結させようと呼びかけた。そしてこの投稿に賛同するかたちで、大勢の両者のファンに転載引用されている。

 事の発端は、昨年7月にさかのぼる。TFBOYSのファンを名乗る小学生の女児が、ネット上にEXOを批判する内容の動画を掲載。すると、EXOのファンを名乗る別の小学生がすぐに応戦し、TFBOYSを批判する動画をアップした。

china-tffan.jpg
中国のTFBOYSのファン

この小学生同士による罵倒合戦は、中国のネット上で「小学生による世紀の大ゲンカ」と揶揄され、中国の大手メディアにも掲載されるなど大きな話題となり、彼女たちの動画の再生回数は3,300万回を記録。TFBOYSのファンを名乗るこの女児は、動画上で以下のようにEXOとそのファンに宣戦布告した。

<あんなチャラチャラした格好で踊りやがって、本当にカッコいいと思うわけ? あんなヘビみたいな踊り、気持ち悪いわ! それに、どうせ整形だし! TFBOYSは全員天然よ!彼らこそ、本当のアイドルっていうのよ!>

この宣戦布告に対して、EXOのファンを名乗る女子小学生たちが次々と抗議の動画を掲載。TFBOYSファンに向けて、無差別に罵詈雑言の限りを尽くし、互いのファンサイトや掲示板が大荒れした。

 その後、11月にTFBOYSが極秘裏に韓国を訪問し、EXOの所属事務所であるSMエンターテインメントの関係者と会談したと報じられると、TFBOYSファンは「SMエンタはTFBOYSの人気に危機感を抱き、彼らを潰すためにあえて傘下に入れた」という“陰謀論”を展開。「韓国の手に渡すな」「高麗棒子(中国人が使う韓国人の蔑称)から、国産アイドルを取り戻せ」という過激コメントが殺到した。

その後、TFBOYS側とSMエンタ側の双方が会談を否定すると、EXOファンが「韓国市場を荒らしに来たのか、帰れ!」「韓国で通用しなかったってことでしょ」と応酬した。

 小学生同士の罵り合いから続く両者の“場外乱闘”の根は相当深く、しばらく両者の対立は続きそうだ。
(青山大樹)

オタの思考は小学生女児から進歩しない、という気付き

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに