[TVツッコミ道場]

徹子、「水谷千恵子」で登場の友近に「『紅白』は何回?」「着物いつも同じ」と非情の対応

bakaitteru.jpg
『水谷千重子ベストアルバム BAKAITTERU』/よしもとアール・アンド・シー

 今回ツッコませていただくのは、友近と水谷千恵子が出演した1月18日放送分の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。

 ゲストが友近と、友近が最近推している演歌歌手キャラ「水谷千恵子」という時点で相当の悪ふざけが予想されたが、実際はそれどころではない事態になっていた。

 「芸人キラー」と言われる徹子に対し、友近は珍しくひどい目にあってない方の芸人であり、この日も冒頭でこんな紹介をされる。

「今日のお客様は大変に芸達者な方でいらっしゃいまして、それからまあなんと言ったらいいんでしょうね、いろんなこと(笑)おできになるんですね。後で今日見せてくださるそうなんで、歌唱力がおありになって、歌もお歌いになる、そういう方でいらっしゃいます、友近さん。今日のお客様です!」

 まずは、友近が徹子の真似をネタとしてやっていることの話題になり、「ホントにわたしの言いそうなことをあなたがおっしゃるんで、ホント笑っちゃう(笑)」とご機嫌にスタート。その後は「朝ドラ話」→「モノマネ話(※徹子から「キャサリンさん、私、大好きだった。相手の男の人、いなくなっちゃったのね」という暴言が)」→「モノマネのリクエスト(十朱幸代、浜木綿子、中森明菜、菊池桃子を友近が披露)→「5歳の姪の話」→「友近母の手相占いの話(疑い深げ)」

 ここまでは、めまぐるしく変わる話題の千本ノック状態でありつつも、にこやかに進んでいた。だが、次の瞬間に表情が一変する。

「で、なんかあなた、今日お友達を紹介したいって、何なのそれ?」

 徹子の厳しい口調に対し、「水谷千恵子=演歌は40年、芸能生活50年」という説明をする友近。「『徹子の部屋』、いらしたことないですよね」と聞かれ、「そう、50年やってるのに。なんか仕事が被ってんのよー、建設会社のコンペとかーって言ってましたけどね」と言う適当な返しがあったが、冷たい目&真顔で「だから『徹子の部屋』に来られないって?」「『紅白』は何回お出になったの? 出たことある?」と立て続けに質問した上で、こんな無茶ぶりをする徹子。

「それじゃあちょっと、お友達をご紹介。あなたも一緒に来てくださる?」

 徹子の“無茶ぶり”は通常、無邪気な好奇心からのものが多いが、これは珍しく“いけず”である。

『徹子の部屋』出演拒否ネタが通じない!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!