[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP・木村&中居がファンへ“メッセージ”? 解散報道直前、『CDTV』で見せた姿とは

kimura_suit.jpg
最高のパフォーマンスはまだこれから見せてくれるって信じてるからね!

 1月13日、一部スポーツ紙に“解散”危機を報じられたSMAP。デビュー25周年を迎える国民的グループの一大事だけに、14日のスポーツ各紙などが続報を伝えた。中には、ジャニーズ事務所残留の意思がある木村拓哉が、ほか4人から“孤立”する現場があったと報じる記事もあったが、ファンはこうした「1対4」の構図でSMAPを報道する見方に異議を唱えている。

 SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏が事務所退社を決意し、中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾も追随する形で“独立”の方向にあるとされる今回の騒動。メンバーの動向が注目される中、14日付のデイリースポーツでは、11日にSMAPがゲスト出演した『NHKのど自慢チャンピオン大会2016』の場で、木村が“孤立”していたと報道。関係者の話として、4人は放送の合間に楽屋方向に戻ったものの、木村のみが1人で別行動を取っていたと伝えているが、SMAPファンからはこの報道に反対意見が上がっている。


「木村はかねてよりテレビやラジオ番組などの収録で『楽屋を使わない』と公言しており、“前室”と呼ばれるスタジオの扉の前にあるスペースでスタッフや出演者らと交流を図っているそうです。そのため、木村が楽屋方向に戻らず、4人と別行動を取ったという報道に対し、ファンの間では『木村さんが楽屋戻らないとか通常営業だから』『木村くんが楽屋に戻らないのは、ファンには有名な話。無理矢理関連づけないで』と、怒りの声が噴出しています」(ジャニーズに詳しい記者)

 さらにSMAPファンの女性によれば、すでに木村と4人の意思の相違が浮き彫りになっていたとされる年末年始にも、グループ・メンバー愛を感じられる場面があったという。

「5人は大みそかから元旦にかけて、『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2015 ⇒ 2016』(TBS系)に生出演しました。番組では、10年前にあたる06年のコンサートで使用された『SMAP DANCE TIME!』という曲を元に、メンバーがダンスを披露。曲の山場では“2TOP”と呼ばれる中居&木村がダンスした後、最後にハイタッチをする場面があり、放送時はファンが大盛り上がりしました。その後は、06年のアルバム収録曲『STAY』を歌いましたが、これは『僕らずっと共に歩こう』といった歌詞が入るラブバラードで、メンバー同士の絆やSMAPとファンの絆を表現しているとして人気の高い曲。今思い返すと、年明けのスタートから2TOPのハイタッチや、メンバーとファンにとって思い入れのある『STAY』を歌ってくれたことが、何かの意思表示だったのかなと感じます」(SMAPファンの女性)

 同曲は木村の歌い出しから始まり、「この先どうしようもなくすれ違ったり 言い争いがあったりもしても どうか道の途中で 手を離そうとしないでよ」と歌った後、中居が「大事なのは続けること 楽しいだけでいれない時も」と続く。まるで現在のSMAPを取り巻く現状を象徴しているようだと、ファンの間で話題となり、現在もネット上では「『STAY』を歌ったのはきっとSMAPからのメッセージ」「『STAY』歌ってくれたから解散はないはず」「『CDTV』の2TOPのダンスからの『STAY』が、解散しないよって言ってる」と声が上がり続けている。

 グループの存続を願うファンは不安な日々を過ごしているが、SMAPメンバーの胸中はいかに――?

ジャニーさん、あんたもこの映像見なさいよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク