誰か見た人いる!?

フジ新春ドラマが6.8%の民放最下位! 『ふなっしー探偵』でゴールデン大爆死の迷走

2016funatan.jpg
『ふなっしー探偵』(フジテレビ系)公式サイトより

 千葉県船橋市非公認ご当地キャラクター・ふなっしーがドラマ初主演を飾った『ふなっしー探偵』(フジテレビ系、午後7時57分~9時54分)が、7日に放送された。主演ふなっしー、相手役にアンジャッシュ・児嶋一哉というタッグでゴールデンタイムに殴りこみをかけた同ドラマには、情報解禁直後からネット上で「こんなの誰が見るの?」「本気で視聴率が獲れると思っているのかな」「フジが血迷った」という声が噴出。そして結果は、大方の予想通りに“大爆死”となってしまった。

 『ふなっしー探偵』は、代々警察官の家系である平塚平助刑事(児島)と、秘密裏に捜査協力している“探偵”ふなっしーが、東京で発生した無差別テロ事件を解決するというストーリー。共演にはおかずクラブ・ゆいPにトレンディエンジェルら芸人勢や木下ほうか、また「ぐんまちゃん」や「ちっさいおっさん」などゆるキャラが勢揃いした。

「新春のスペシャルドラマだけに、情報番組や前番組である『VS嵐』にふなっしーが参戦するなど、フジとしても番宣に力を入れていた印象です。しかし平均視聴率は、『VS嵐』から5%以上ダウンの6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。同時間帯での民放最下位の視聴率で、大爆死を喫しました」(テレビ局関係者)

 同時間帯の民放では、日本テレビの『あのニュースで得する人損する人』が13.9%、『秘密のケンミンSHOW』が13.1%、TBSの『予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!』が9.1%、テレビ朝日の『甦る歌謡曲』12.9%、テレビ東京の『世界140カ国を制覇せよ!全世界の衝撃映像SP』が1部7.9%、2部9.9%を記録し、フジは大惨敗。「NHKの9時台に放送された『ニュースウオッチ9』も9.2%だったので、結果的にフジは全ての局に負けたということになりますね」(同)という。

 さらに、『ふなっしー探偵』の次に放送された『アウトデラックス』は8.0%で、普段の水準よりも低い視聴率に。ふなっしーは、ナインティナイン・矢部浩之とマツコ・デラックスにも、多大な迷惑をかけてしまった。

「せめてふなっしーがブレークした2年前であれば、もう少し違った結果だったのかもしれませんが……時期といい企画といい、相変わらずフジの迷走ぶりが際立っています。巻き込まれた児島がかわいそうでしょうがないですよ」(同)

 「いよいよふなっしー主役でドラマをやるまでフジテレビ追い詰められたんだと思ったなっしー(笑)」という番組公式サイトに掲載されているふなっしーのコメントは、言い得て妙だったのかもしれない。

ふなっしーにどんな弱味を握られたっていうのよ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー