[連載]マンガ・日本メイ作劇場第41回

“女の体”を武器にのし上がる女王様――少女漫画的文脈から外れた『ダークネス』の惜しいところ

“女の体”を武器にのし上がる女王様――少女漫画的文脈から外れた『ダークネス』の惜しいところ

 女が自分の美貌と智恵を武器にのし上がっていく……。なんかあこがれないですか。自分の体に溺れた男を思いのままに操って破滅に追い込んだり、地位と財力を手に入れたりできたら最高だよね。少女漫画でいえば、知恵と美貌で男を狂わせ世間に復讐していく『吉祥天女』(吉田秋生、小学館)でしょう。さてそこにもう1作品、『ダークネス』(魔木子、ぶんか社)を加えるかどうか……。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

“女の体”を武器にのし上がる女王様――少女漫画的文脈から外れた『ダークネス』の惜しいところのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! マンガ・日本メイ作劇場のニュースならサイゾーウーマンへ!