解雇だけでは済まされない

中学生アイドル「股間にローター」画像流出の衝撃――セックス動画発覚など“淫行問題”加熱

2015shooting.jpg
流星群少女オフィシャルTwitterより

 未成年アイドルの“淫行疑惑画像”流出で、ネット上に衝撃が走っている。問題となっている画像は、福岡県を拠点に活動するアイドルユニット・ヒペリカムの中学生メンバーが、スタッフとされる男性から股間にローターを押し当てられているというショッキングなもの。第三者によって撮影された画像とみられ、流出の経緯は不明だが、メンバーの所属事務所はこの事態を重く受け止めているようだ。

 この画像は1週間ほど前にTwitter上で拡散し、ニュースで報じられた。メンバーはヒペリカムだけでなく、マネジメントを委託する「K-NEXT」が運営するグループ・流星群少女にも所属しており、この男性は流星群少女の運営スタッフの1人とされている。

「関係者やファンの証言によって、ネット上には、この男性の実名から在籍する学校名まで、さまざまな情報が飛び交っている状況です。流星群少女の公式ホームページでは、メンバーの兼任解消を発表、さらに『当該スタッフにつきましては法的措置も念頭にいれ、11月19日付で解雇とさせていただいております』とコメントを出しました」(芸能ライター)

 未成年アイドルをめぐる淫行騒動といえば、つい先日、欅坂46の元メンバー・原田まゆの名が取り沙汰されたばかり。自身の出身中学校に勤務する男性教諭との“キスプリクラ”“胸揉みプリクラ”が流出し、ネット上は大炎上となった。「原田サイドは、親公認の真剣交際であるとし、グループでの活動を辞退することで炎上を鎮火させようとしましたが、欅坂並びに、お姉さんグループである乃木坂46への悪印象は拭いきれていないのが実情です」(同)という。

 さらに今年2月には、同じく福岡のアイドルグループ「GUILDOLL(ギルドール)」の未成年メンバーの“セックス動画”が流出したことがネット上で物議を醸した。一部有料サイトにアップされた動画が拡散され、運営Twitterは「先月より体調不良でお休みをしていた※※ですが規約違反行為による解雇処分とさせていただきました」(ツイートでは実名)と、該当メンバーの解雇を表明した。

「出回っている情報から判断すると、動画は隠し撮りなどではなく、援助交際の現場とみられています。未成年にもかかわらず、AVさながらの無修正動画が流出したこと、また股間にシールとみられるタトゥーが確認されたことなど、アイドルファン以外にも衝撃を与えた事件でした」(週刊誌記者)

 彼女たちの中には、自らの意志で“淫行”とされる行動を取っていた者も存在したかもしれないが、アイドルとはいえ未成年の少女たちにとって、周囲の大人たちが模範となる行動を心がけることを願ってやまない。

恐らく氷山の一角に過ぎないという気が……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと