[ジャニーズツッコミ道場]

『ABChanZOO』クイズ企画で見つかった、「全員バカ」という素晴らしきA.B.C-Zの才能

totukada.jpg
どうも! アクロ一筋、筋肉あれば知能は不問、A.B.C-Zです!

 今回ツッコませていただくのは、リニューアルによって大変身したA.B.C‐Zの冠番組『ABChanZOO』(テレビ東京、11月8日放送分)。正直、これまでは「面白くない」「マンネリ」などの声が多かったが、リニューアルされた今回、スタッフや構成作家が変わったのかと思うくらい斬新な番組になっていた。

 テーマは「祝リニューアル!鴨川シーワールドでクイズサバイバル」。

 冒頭で司会のドランクドラゴン・鈴木拓に「皆さんさほどクイズ番組出ないでしょ? なぜなら……バカばっかりだから」と告げられると、爆笑する5人組。どのグループにもたいていおバカor天然キャラはいるものだが、「全員バカ」といわれるのは、ジャニーズ史上でも初めてだろう。

 とはいえ、一般的にはセンターの橋本良亮が天然おバカキャラで、塚田僚一がKYぶっ飛びキャラで、河合郁人がツッコミで、戸塚祥太が知性派で、五関晃一が物静かなおしとやか枠に見えるだけに、橋本や塚田は良くても、ほかの3人はバカ扱いでいいのかという思いもあった。だが、番組を見て思った。全員バカでいい。全員バカって、美しく、奥が深いのだ。

 例えば、「マグロは泳ぐことで海水から酸素を取り入れているため、泳ぎ続けないと死ぬと言われていますが……」と鈴木が言ったところで、素早くボタンを押した橋本は綺麗な顔でキリッと言う。「死なない」(ちなみに、問題は「マグロを釣り上げ話題になった大御所俳優の名前は松方何?」→「松方弘樹さん」で戸塚が正解)。

 次の問題「ここは鴨川シーワールドですが、シーとは日本語で?」に塚田が「海!」と正解すると、河合が不意に自分の中の「発見」について綺麗な顔で呟く。

「俺、一個思ったんだ。俺、人の話聞くことで、何か解釈して答え出すっていうの、すごい苦手みたいです」

 それに対して鈴木は的確に指摘する。

「それを世間ではバカって言うんだけどね」

 そして、第1ステージを真っ先に勝ち抜けたのは、日頃一番イジられキャラの塚田で、二番手がおバカキャラの橋本であった。

 その後も、「イルカの頭にある穴、人間でいう何?」→「目」(河合)、「肺」(五関)という珍回答が続き、河合が「鼻」と正解したことで五関が脱落者に決定。そして、五関に対して発表された罰ゲームが、衝撃的な内容だった。そのルールは、なんと「帰宅」。その五関、実は園内に入ることすらなくロケを終えたのだ。

バカもダイバーシティの時代よ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ABChanZOO』クイズ企画で見つかった、「全員バカ」という素晴らしきA.B.C-Zの才能のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! A.B.C-Z・ジャニーズツッコミ道場・塚田僚一のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  2. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  3. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  4. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  5. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  6. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  7. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  8. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  9. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  10. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  11. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  12. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  13. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  14. “クズすぎる男性タレント”暴露
  15. キスマイ女性問題がネットに続出
  16. 山岸舞彩、セックス写真で絶体絶命
  17. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  18. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発

ジャニーズの人気記事

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  3. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  4. キスマイ女性問題がネットに続出
  5. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 性被害は被災と同じくらい大変なこと
  4. セレブママサークルに「イクメンくん」加入! 「ママたちの仁義なき戦い」勃発して……!?
  5. 暴力の連鎖が生む沖縄の格差と矛盾

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!