“ぱるる”が「完全にババア」!? 島崎遥香に大ブーイング! AKBグループ全体の好感度が……

shimazaki1102
『ParU』(主婦と生活社)

“ぱるる”こと、AKB48の島崎遥香の劣化ぶりが話題になっている。10月28日、新宿ピカデリーで行われた主演ホラー映画『劇場霊』のジャパンプレミアに登場した島崎に対して、ネットユーザーから「完全にババア」などとの声が上がっているのだ。

「老けたというのでしょうか、かつてのような透明感がないし、化粧もちょっとケバいですよね。トークアプリ755で、『ここ数年で一番痩せていますね。。。健康的に痩せたい』と、自身の体重に悩んでいることを明かしていましたから、劣化の原因は激ヤセなのでは」(アイドル誌編集者)

 ネット上では、「劣化早すぎィ!」「デートにこんなん来たら二度見するわ」「35歳子持ち」「見るたびにブサイクになってくな、こいつ」「とてもハタチそこそこには見えんな」「単純に怖い」などと批判が相次いでいる。さらには「もはや、ただ毒舌垂れ流すブスババアやな」「これって、態度悪くて有名なんだろ。かわいくなかったら許されないじゃん」と、ビジュアルにとどまらないバッシングも。

「結局、ビジュアルへの批判に名を借りた、最近の島崎の言動に対するブーイングが、ネットユーザーらの本音でしょうね。ここのところの島崎といえば、もはや“塩対応”の域を超えて、関係者だけでなくビートたけしや和田アキ子ら芸能界の大御所を激怒させるほど、シャレにならないレベルです。番組やステージだけでなく、裏でも失礼極まりない態度なんですから、キャラでは済まされませんよね。さらに深刻なのは、そんな島崎の塩対応を若手が真似し始めたことです。言っても、島崎は塩対応キャラが定着しているので、まだ受け入れられる部分もありますが、そうではない若手が島崎の態度をただ真似ても、失礼なだけですからね。結局は、AKB全体の好感度を下げることにもなりかねません」(同)

 総合プロデューサーの秋元康氏ら運営側のお気に入りであるのをいいことに、島崎を増長させていたツケが回ってきたといえそうだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“ぱるる”が「完全にババア」!? 島崎遥香に大ブーイング! AKBグループ全体の好感度が……のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. イソフラボン配合はまやかし?
  6. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  7. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  8. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  9. プウ美ねえさん流体重キープ術
  10. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  11. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  12. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  13. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  14. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  15. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  16. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  17. 1日5回セックスしたい彼女と、4月しかヤりたくならない年下彼氏の性欲格差カップル
  18. 消えた人気女性アスリートは今
  19. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  20. “クズすぎる男性タレント”暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 毒母問題の一因は、母を崇高化すること

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参