ママタレになるかと思いきや

小雪、11月に単発主演ドラマ決定も……業界内に「コケたら大ごと」と波紋広がるワケ

koyukienjin.jpg
そういえば小雪って女優だった……

 5日、都内で新CMの発表会に出席した小雪。7月に第3子となる男児を出産後初めて公の場に姿を現したが、この11月にドラマ復帰するという情報が飛び込んできた。

「さすがに子どもが3人いて、夫の松山ケンイチさんだけを働かすわけにはいかないということで、11月に単発ドラマで主演を務めるようです。そのドラマの出来によっては、来年の連続ドラマ主演の話も来ているようですよ。本人は女優復帰に前向きで『どんどん仕事を持ってきて!』と事務所に話をしているようです」(テレビ局関係者)

 5日の発表会では、産後とは思えないプロポーションに、現場からも驚きの声が出ていたという。

「出産前となんら変わりないプロポーションで、かなり努力している様子でした。ただ、本人は『産後3カ月はあまり運動をしてはいけないと言われているので、これから除々に運動を取り入れていこうと思います』と優等生的な回答をしていましたけどね。ドラマの撮影がもうすぐ始まるのであれば、あの体形もうなずけます」(ワイドショースタッフ)

 しかしそんな中、小雪が復帰する単発ドラマの制作が、芸能プロダクション・オスカープロモーションだということで、業界内に波紋が広がっているようだ。小雪はスノー所属で、エイベックス・エンタテインメントがタレントマネジメントの専属契約を務めているが……。

「これまでオスカーが制作したドラマは、同社所属のタレントが主演してきました。米倉涼子さんをはじめ、民放のドラマで主演している女優さんが数多くいますからね。そんな中で、わざわざ他事務所の小雪さんを起用するということで、内部でもかなり揉めたそうです。ただ、オスカーもドラマに力を入れたいと、ドラマ制作会社の重役をヘッドハンティングしたりしていますから、小雪さんの起用も、そうした流れの1つかと思われます。もちろん、もし数字が悪かったら、米倉さんをはじめとしたオスカーの女優陣たちからはクレームが出て、大ごとになるでしょうが」(芸能事務所関係者)

 オスカーの“小雪主演”という判断は、吉と出るか凶と出るか――?

仲良しの泉ピン子に頼んで『渡鬼』に潜り込め!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

小雪、11月に単発主演ドラマ決定も……業界内に「コケたら大ごと」と波紋広がるワケのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 小雪・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  2. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  3. “クズすぎる男性タレント”暴露
  4. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  5. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  6. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  7. ベッキーにスタッフ怒りのワケ
  8. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  9. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  10. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  11. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  12. 渡辺直美に見る「女の生きづらさ」
  13. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  14. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  15. misono、ブログでノロケまくり
  16. 【告発】女優は映画監督に抱かれる。当たり前のように行われる乱交飲み会
  17. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  18. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  19. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  20. キム、パリの強盗被害を生々しく語る

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  2. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  3. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  4. マンガ『ヅャニーさん』38回
  5. キスマイ女性問題がネットに続出

カルチャーの人気記事

  1. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  5. 性被害は被災と同じくらい大変なこと

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!
  5. アンジーは人気者で、ブラピは嫌われていた?