芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

『老人たちの裏社会』著者 新郷由起さんインタビュー

【関連ワード】

インタビュー

shingo01.jpg
著者の新郷由起氏

 『老人たちの裏社会』(宝島社)が反響を呼んでいる。その内容は衝撃的だ。万引きにストーカー、DVに売春……。少年犯罪ではない。どれもれっきとした老人たちが犯した犯罪や犯罪スレスレの行為だ。キレる老人が話題に上ったことがあったが、そんなのはまだ常識の範疇だとさえ思えるほど、この本で描かれている老人たちの姿は想像を超えていた。老人はか弱い存在だったはずだ。いつの間に、こんなことになっていたのだろう。驚くべき実態を暴いた著者の新郷由起さんに、話を聞いた。

――まず、この本を書こうと思われたきっかけは?

新郷由起氏(以下、新郷) 世間には「老人は善良」「老人は弱者だ」という刷り込みがありますが、そうじゃない。スーパーで万引きの現場を見た瞬間、そう思いました。「この店は、年寄りを、いじめるんだよぉぉーっ!」と、万引きで捕まった高齢男性が叫んでいたんです。これはいろんなことが出てきそうだと思って幅広く高齢者を取材してみると、もう出るわ出るわ……。

 一口に万引き犯と言っても、いろんなパターンがあるんです。もちろん生活苦もありますが、気晴らしやストレス解消のようなものもある。高齢者の犯罪は、「孤独」と「貧困」が引き金と言われているけれど、そういう人がみんな罪を犯すわけじゃない。その違いは何なのか、もっと掘り下げて、リアルな高齢者の姿を世に出したいと思いました。それが「月刊宝島」(宝島社)に連載するきっかけで、そこに「週刊文春」(文藝春秋)へ寄稿した原稿もまとめて書籍化したのがこの本です。

――連載当時のタイトルは「半グレ化する老人たち」でした。まさに“グレた”というのがぴったりで、センセーショナルでした。特に、新郷さんも被害に遭ったという高齢男性からのストーカー。連日の電話攻撃、逆ギレなど凄まじいものがあります。

新郷 高齢者ストーカーの反響は大きかったですね。シニアの恋愛もそうですが、これまで、老人はいい人で色恋とは無縁という思い込みがあったのでしょう。「人徳者で欲情も枯れたはずの老人が、こんなことをするわけがない」と衝撃だったようで、各局のテレビ番組で取り上げられると、反応がたくさん返ってきました。若い女性からも、「私もこんなストーカー行為に遭った」と。これまで「お年寄りだから、邪険にしちゃいけないんじゃないか」と迷っていたんですね。ストーカーと、どこで線引きしていいのかもわからなかったのでしょう。それが「高齢者ストーカー」と、この本で定義づけできたことで、被害を表に出せた一面もあったかと思います。

――ストーカーは、セクハラのように、受け取る方の感じ方次第という面もありますね。

新郷 それは大いにあります。堀北真希と結婚した山本耕史も、客観的に見るとストーカーじゃないかと思えるほどのアプローチをしているんだけど、彼が才能、実力ともにある俳優さんだから、熱烈なアプローチだと好意的にとらえられていますよね。ストーカー行為をしている老人にも、自分がストーカーをしているという意識はまったくありません。ただの熱心な求愛行動だと思っている。

 取材した中には、会って2回目の高齢男性に「亡き妻の形見をあなたに」と言われて、「思い切り引いた」という女性もいました。これが福山雅治からだったら、ウットリしたのかもしれない(笑)。男性側からすれば、自分にとって最も大事な品だから、プレゼントすれば相手に自分の気持ちの深さが伝わるとしか思ってないんです。

『老人たちの裏社会』 若年者の社会からは見えずらいもうひとつの社会 amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!