【うわさの会見場から】

ローラ、結婚報道否定の巧妙な手口! スタッフとディレクターの怪しいやり取り目撃談

rola2015kaiken.jpg
「OK!」だけで芸能界を上り詰めた女は強い

 18日、ローラが「AmebaFRESH!Studio」オープン記念イベントに登場。6月25日発売の「女性セブン」(小学館)による、くりぃむしちゅー・有田哲平との結婚報道後、初の公の場となったため、多数の報道陣が集結した。昨年、父親が逮捕されて以来、徹底してマスコミからの質問封じを行ってきたローラ側だが、「むしろ有田とのことを聞いてくれ」といわんばかりの雰囲気だったという。

「共演したますだおかだを、“おかだますだ”と間違えたり、オープン記念イベントにもかかわらず、増田英彦に『ここよく来る?』と聞いたという話を暴露されるなど、ローラは相変わらずの天然ぶりを発揮していました。『話聞いてなくてこうなっちゃった』といって笑いを誘っていましたが、有田とのことが念頭にあったのか、どこか心ここにあらずという感じで、イベントに対しても投げやりな感じでした」(ワイドショースタッフ)

 イベント終了後、ディレクターから「結婚はOKした?」と質問が飛んだが、ローラは即座に「あれは全部うそ。何もないのー」と否定し、笑顔でその場を後にしたという。

「その会見終了直、PR会社のスタッフが“結婚”の質問をしたディレクターに、『今のシーン、使えそうですか?』とご機嫌うかがいをしていたんです。通常、こういった報道陣からタレントへの声がけは、運営スタッフから疎ましがられるものなので、不思議に思いました」(スポーツ紙記者)

 ローラは、昨年父親のジュリップ・エイエスエイ・アル氏が詐欺罪で逮捕されて以降、囲み取材は行わないことが通例になっているという。

「有田とのことは否定したいけれど、囲み取材をすれば父親のことまで聞かれる可能性が出てくる……とローラサイドも悩んでいたのかもしれません。そこで今回、関係者が『有田との熱愛否定の部分を使ってくれても構わない』とメディアに促したのかもしれませんね」(芸能ライター)

 聞かれたくないことには徹底ガードだが、一方で主張したいときにはマスコミをうまく利用する。ローラのしたたかな一面が垣間見える会見になったようだ。

そこまで嫌われた有田の胸中とは……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク