佐々木彩夏に引き続き……

ももクロ・高城れに、全治4カ月の骨折で運営批判殺到! 「ヘリウム事故あったのに」「環境悪い」

momokuroreni.jpg
「Battle & Romance」/Cleopatra

 ももいろクローバーZの高城れにが、ライブリハーサル中に転倒し、診察の結果、左手を橈骨遠位端骨折で全治4カ月と診断されたことが、公式サイトで発表された。しかし、今月31日と8月1日に静岡・エコパスタジアムで開催される『桃神祭2015』には出演するということで、ファンからは運営側への批判の声が上がっている。

「ももクロといえば、“全力”なパフォーマンスで今まで沢山のファンを魅了してきましたが、昨年4月、佐々木彩夏が音楽番組『ミュージャック』(関西テレビ)の番組収録中に左くるぶし付近を骨折し、全治2カ月との診断を受けるなど、メンバーのケガが続いています。また、有安杏果が、今年3月『坂崎幸之助のももいろフォーク村』(フジテレビNEXT)の生放送中に険しい表情で震え出し、途中退席するという一件が起こり、ケガだけでなく体調面の不調も目立ちます」(芸能ライター)

 最近では、ももクロの妹分である3B juniorのメンバーが、バラエティ番組『3B juniorの星くず商事』(BS朝日)の収録中にヘリウムガスを吸って救急搬送された事故がメディアで大々的に報じられたこともあった。

「そのため、事務所のスターダストプロモーションに対して、不信感を抱く人が増えているようです。ネット上では『ヘリウム事故もあったのに』『この事務所は事故が多すぎじゃない? 相当環境悪いんだろうな』『未成年者の子もたくさん扱ってる事務所なんだから、ケアはしっかりしてほしい』など、批判コメントが飛び交っています」(同)

 また、全治4カ月という重傷にもかかわらず、高城が『桃神祭2015』に参加することに対してもファンは疑問を抱いているようだ。

「どこまでのパフォーマンスを披露するかはわかりませんが、『休むことも視野に入れてほしい』『しっかり休んで早く治して、元気な姿を見たい』という声が多数上がっています。ファンとしても、ケガをおしてのパフォーマンスには、心配の方が勝ってしまい、心から楽しめないでしょうし。“全力”はももクロの持ち味ですが、今発揮すべきではないかもしれませんね」(芸能ライター)

 最年少の佐々木も今年の3月に高校を卒業し、ついに平均年齢20歳となったももクロ。CDの売れ行きが伸び悩み、メディアへの露出も減ってしまった今、これまでのスタイルから脱皮を試みる時期に差し掛かっているのかもしれないが、運営側には、彼女たちの体調面に支障をきたさないパフォーマンス、環境作りに徹してほしいものだ。

ここは全力で休んでほしいところ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム