[ジャニーズ・メディアの裏側]

Kis-My-Ft2の出演料は1人3万円未満!?  実はギャラが激安なジャニーズグループ

kismyfit201.jpg
あのスカイダイビングは特別給もらえた?

 6月2日発売の週刊誌「フラッシュ」(光文社)が、ジャニーズタレントがMCを務める各番組のギャラ報じている。記事に掲載されたリストを見ると、SMAPや嵐のギャラが高額であるのに対し、意外や意外、かなりの格安ギャラで仕事をしているグループもあるようだ。

「例えば『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の1回の出演料は、グループ全体で500万円、つまりメンバー1人につき100万円だそうです。また中居正広単独のMC番組である『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『ナカイの窓』(同)は、それぞれ中居1人で1回180万円。これは、ジャニーズタレントの中で最高ランクのギャラになります。嵐も、全員出演の『VS嵐』(フジテレビ系)は5人で1回300万円。中でも櫻井翔は、『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)のギャラが、1人で1回120万円だとか。“視聴率を稼げる”といわれるTOKIOも、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)のギャラが、5人で1回350万円なので高額といえるでしょう」(芸能ライター)

 それに比べて、露出急増中の関ジャニ∞は、ギャラが安いという。

「村上信五がMCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)が、1回50万円と比較的安め。さらに毎週木曜日に村上と横山裕が出演している『ヒルナンデス!』(同)は各15万円と、大御所からみれば10分の1という安さです。また、NEWSの小山慶一郎が、月~木曜日でキャスターを務める『news every』(同)も1回30万円と、関ジャニ∞と同様“お手頃価格”といえます」(同)

 そして、どのジャニーズグループよりも“破格”なのがKis‐My‐Ft2。『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)は全員で40万円、『あの遊びをバージョンアップ! キスマイGAME』(テレビ朝日系)に至っては全員で20万円と、単純に7人で割ったら1人3万円も残らない計算になる。

「なぜそこまで激安なのかというと、今でも盛んに行われている、SMAPとキスマイの“バーター(抱き合わせ)出演”が関係しています。テレビ局側としては、SMAPに高額ギャラを支払っている以上、ジャニーズ側にキスマイのバーター出演をお願いされても、そこまでのギャラを支払うことはできない。ジャニーズ側も、キスマイの顔を売ることが目的なので、ギャラの値段が低くてもとりあえず出演させたがる。近頃では、キスマイ単独での番組出演や、冠番組も増えましたが、それでもギャラ単価は“バーター出演時”と変化がないように見えますね」(同)

 現在は下積み期間としても、先々までこの単価で出演を続けるとなると、少々苦しい展開になっていくだろうKis‐My‐Ft2。果たして、“SMAPのバーダー価格”を脱する日はいつになるのだろうか?

週120万円とは、大きくなったな小山……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー