[ジャニーズ最新言行録]

嵐・二宮和也、“女の子以下”筋肉で「もう少し運動しましょう」! 人間ドックで衝撃結果

ninomiyakazunari02.jpg
正直、櫻井さんの方が腎臓とかヤバそう

 大のゲーム好きで、プライベートでは家に引きこもってゲームをプレイしているという嵐・二宮和也。2011年の『嵐のワクワク学校』では、ファンの前で“ぽっこりおなか”を披露するなど、ジャニーズアイドルらしからぬ一面を見せて注目を集めたが、先日受けた健康診断で、医師から厳しい現実を突きつけられてしまったようだ。

 『嵐にしやがれ』(日本テレビ系、12年4月放送)で、休日は朝10時に起床後、休憩をとりながら翌朝4時までゲームの世界に浸っていることを明かし、メンバーを驚かせた二宮。そんな引きこもり生活が影響しているのかは定かではないが、一時はファンを中心として、二宮のおなかが中年のように“ぽっこり”していることが大きな話題に。ストイックに体を鍛えていることで知られる少年隊・東山紀之をゲストに招いた11年1月放送の『嵐にしやがれ』では、腹筋をする二宮のつらそうな姿を見た東山から「見ていてかわいそう」と、憐れみの言葉をかけられたことも。

 しかし、メンバーの大野智は自身のラジオ番組『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ、13年8月放送)で、そんな二宮のおなかについて「彼、腹筋1個だから」「子どもみたいな腹」と発言し、擁護するような姿勢をみせた。愛くるしいおなかに惹かれる人もいるようで、一部ファンからは「ポニョ宮」などと呼ばれている。

 そんな二宮が、5月10日放送のラジオ『BAY STORM』(bayfm)で、自身の健康状況について赤裸々に告白。「『今年、少しは体を鍛える! 俺なりに』と雑誌でおっしゃっていましたが、なにか最近やり始めた『健康のため心がけていること』はありますか?」というリスナーからのお便りを紹介した二宮は、「日に当たる。うん、風に当たる……かなぁ?」と、ごく当たり前のことを回答。「まぁ体もね、動かしてます。そりゃ、踊ってますから」と補足していたのだが……

「でも、こないだ健康診断、人間ドック受けて『もう少し運動しましょう』みたいなことが書いてあって。“この数値を叩き出すんだったら、もうちょっと運動しましょう”ってことなんだ、きっと。だからその、体脂肪率とか(が関係して)そういうことなんだろうね。体重は55(キロ)だから、う~ん……体重的にはたぶん普通のとこにいるはずなんだよね」

と、現役アイドルとは思えない診断を受けたことを、納得のいかない口ぶりで話す二宮。ちなみに身長は167.8cmだったそうだが、「俺、ずっと168(センチ)って言ってんだけど。でもいいよね? 168って言って」と、1人で解決していたのだった。

 健康診断では運動をするよう勧められたという二宮だが、昨年1月放送の『VS嵐』(フジテレビ系)では、ロッククライミングの要領で壁に登る「クリフクライム」に挑戦する際、「お医者さんにも言われてるんだけど、筋肉の繊維が女の子以下なんだって」と驚きの事実を明かし、ファンが騒然となったことも。医者からは「鍛えても無理ですよ」と忠告されているそうで、もともとあまり筋力トレーニングができない体質のようだ。

 年齡を重ねても嵐の一員として良いパフォーマンスを続けてもらうためにも、今後は無理のない範囲で体作りに励んでくれることを願いたい。

老けないし筋肉ないしで奇跡の三十路男だな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク