[女性誌速攻レビュー]「BAILA」5月号

「BAILA」のミューズは謎の外国人モデル!? 自分探しに奔走するアラサーの盲点

baila201505.jpg
「BAILA」2015年5月号(集英社)

 うつろな表情でミリタリーブルゾンを羽織り、ワイルドかつアンニュイに決めた梨花が表紙の「BAILA」5月号(集英社)。あまりに漂うスモーキー感に、間違えて「Gina」(ぶんか社)を買ってきてしまったのかと思いました。

 梨花の私物のミリタリーブルゾンを軸に、はやっているといえどもターゲットとする「コンサバOL」が最も手を取らなそうな系統のスタイルを表紙にするあたり、「BAILA」の攻めの姿勢が窺えます。受けて立とうじゃないか、ということで、早速今月号の「BAILA」を見ていきましょう。

<トピックス>
◎梨花が10着しか服を持っていなかったら…?
◎春はこの2色がリードする!ご機嫌ネイビー、ご自慢ホワイト
◎これからの自分らしさを確立するために!30歳のうちにやっておきたいこと

■卒業前の梨花の「実は」ファッション

 まず、巻頭の「梨花が10着しか服を持っていなかったら…?」から見ていきましょう。リードには「整理された自宅のクロゼットには、本当に選りすぐられたアイテムだけがならぶという梨花。そのなかでも『10着しか服を持たないとしたら?』という問いへの答えがここに(略)」とあります。あ~今はやりのフランス人の本的なのやつね、と思いながら読み進めると、「私、おしゃれは好きだけど、服そのものが好きというより、『こういう女性像だったらこの服をこんなふうに着るよね』とか『こういう女性像でこれを着てたら素敵』と妄想するのが好きなの。そう、すべては女性像から入る(略)」という梨花のインタビューが続きます。つまりはこの企画に出てくるアイテムは全て「梨花像」の結晶ということ!? 普段、モデルの「リアルクローズ」を扱うことが少ない「BAILA」だけに、ほぼ全アイテムが私物というこの企画、期待が高まります。

 では、早速「梨花という女性像」を具現化した選りすぐりのアイテムたちを、キャッチーなコピーとともに見ていきましょう。

 「不変的なシンプル美。『黒のストレートパンツ』」「もはやデニム感覚。『レザーボトム』」「THEマイスタンダード!『ダメージデニム』」、さらに「引き算でらしさを探る。『セットアップ』」でもパンツをチョイスと、なんと貴重な10着中3.5着がパンツ。スカートは0着! という、早速「梨花像」が際立ったアイテム構成です。

アラサーのNY短期留学欲をくすぐってくるワケ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク