[女性誌速攻レビュー]「BAILA」5月号

「BAILA」のミューズは謎の外国人モデル!? 自分探しに奔走するアラサーの盲点

baila201505.jpg
「BAILA」2015年5月号(集英社)

 うつろな表情でミリタリーブルゾンを羽織り、ワイルドかつアンニュイに決めた梨花が表紙の「BAILA」5月号(集英社)。あまりに漂うスモーキー感に、間違えて「Gina」(ぶんか社)を買ってきてしまったのかと思いました。

 梨花の私物のミリタリーブルゾンを軸に、はやっているといえどもターゲットとする「コンサバOL」が最も手を取らなそうな系統のスタイルを表紙にするあたり、「BAILA」の攻めの姿勢が窺えます。受けて立とうじゃないか、ということで、早速今月号の「BAILA」を見ていきましょう。

<トピックス>
◎梨花が10着しか服を持っていなかったら…?
◎春はこの2色がリードする!ご機嫌ネイビー、ご自慢ホワイト
◎これからの自分らしさを確立するために!30歳のうちにやっておきたいこと

■卒業前の梨花の「実は」ファッション

 まず、巻頭の「梨花が10着しか服を持っていなかったら…?」から見ていきましょう。リードには「整理された自宅のクロゼットには、本当に選りすぐられたアイテムだけがならぶという梨花。そのなかでも『10着しか服を持たないとしたら?』という問いへの答えがここに(略)」とあります。あ~今はやりのフランス人の本的なのやつね、と思いながら読み進めると、「私、おしゃれは好きだけど、服そのものが好きというより、『こういう女性像だったらこの服をこんなふうに着るよね』とか『こういう女性像でこれを着てたら素敵』と妄想するのが好きなの。そう、すべては女性像から入る(略)」という梨花のインタビューが続きます。つまりはこの企画に出てくるアイテムは全て「梨花像」の結晶ということ!? 普段、モデルの「リアルクローズ」を扱うことが少ない「BAILA」だけに、ほぼ全アイテムが私物というこの企画、期待が高まります。

 では、早速「梨花という女性像」を具現化した選りすぐりのアイテムたちを、キャッチーなコピーとともに見ていきましょう。

 「不変的なシンプル美。『黒のストレートパンツ』」「もはやデニム感覚。『レザーボトム』」「THEマイスタンダード!『ダメージデニム』」、さらに「引き算でらしさを探る。『セットアップ』」でもパンツをチョイスと、なんと貴重な10着中3.5着がパンツ。スカートは0着! という、早速「梨花像」が際立ったアイテム構成です。

アラサーのNY短期留学欲をくすぐってくるワケ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー