[女性誌速攻レビュー]「BAILA」5月号

「BAILA」のミューズは謎の外国人モデル!? 自分探しに奔走するアラサーの盲点

2015/04/25 16:00

 続いて「女らしさが醸し出される逆転性。『ミリタリーブルゾン』」「少しずつ変化しながらずっと定番。『トレンチコート』」「羽織るより閉めて着る。『ブルージージャン』」と、先ほどのセットアップのジャケットを含め、残りの6.5着中3.5着がアウターです。中でもトレンチコートはなぜかノースリーブタイプをチョイスしており、『ドラゴンボール』(同)の「ヤジロベー」にしか見えない仕上がり。必見です。

 残りの3アイテムは「ロックなマインドと遊び心。『プリントTシャツ』」「ミニマルなモード感が宿る『白スニーカー』「肌との相性で選ぶ上質な存在感。『シルバーとパールのアクセサリー』」。……やっと出てきたインナーが「Tシャツ」1アイテムのみとはこれ如何に? 10着しか服を持たないという想定で、インナー1着って設定に無理がないか!?

 とはいえ、この企画、「梨花像」という点では大変わかりやすかったこともまた事実。ある時は実業家として、ある時は母として、きっと毎日臨戦態勢で生活しているのでしょう。そりゃあもう、サバイバル。ミリタリーブルゾンの1つも着たくなります。なんだかんだ、1着しかないインナーを夜な夜な部屋干ししてそうな苦労人の一面を、梨花は持っていそうですし、彼女の「そこいらの読者モデルと同じように、ひらひらしたワンピースなんかで現場になんて行ってられない」、というプロフェッショナルな姿勢がひしひしと感じられました。

 実のところ、通勤コーデを求めるバイラーズに「レザーボトム」「ミリタリーブルゾン」「ロックなマインドのTシャツ」見せられても、正直どないしたらええねん、というのが本音ですが、梨花の求める女性像がそっちなのであれば、これが正しいのでしょう。この企画で言いたいことは「10着しか服を持たないとしたら?」という問いへの答えではなく、「10着の服を選ぶことで、自分なりの女性像を持ちなさい」ということなのです、多分。

 それにしても、今まで「梨花目線で選ぶ大人のピンク(2014年12月号)」など、「BAILA」の中でも男前っていうよりはフェミニン寄りのポジションにいた梨花。仕事と現実は違うと言ってしまえばそれまでですが、こんなにキャラ崩壊させてしまって大丈夫なのかと不安になります。「夏以降、主婦に戻る」宣言といい、なんだか、「ヒステリックグラマーの私服をアピールしまくるAKB48卒業目前の前田敦子ブログ」とダブらせてしまうのは私だけ? やはり卒業を目の前にすると本当の自分像を見せたいと思うものなのでしょうか。モデル業卒業まであとわずかの梨花にこれからも目が離せません!

『BAILA(バイラ)2015年 05 月号 [雑誌]』
アラサーのNY短期留学欲をくすぐってくるワケ?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「BAILA」のミューズは謎の外国人モデル!? 自分探しに奔走するアラサーの盲点のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューBAILAのニュースならサイゾーウーマンへ!