頭髪の秘密以上の大問題!

小倉智昭、上重聡アナを批判できない、過去の『とくダネ!』不正接待&融資トラブル

2015tokudane.jpg
『とくダネ!』(フジテレビ系)公式サイトより

 番組スポンサーからの1億7,000万円の不正融資疑惑報道を受け、3日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)で生謝罪を行った上重聡アナウンサー。裏番組の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、謝罪から約1時間半後にこのニュースを取り上げる異例の放送を行った。メインキャスターの小倉智昭は、「裏番組のことなので、あまり言いたくないのですが」と切り出し、上重アナの不正に関する概要を紹介。「額があまりに大きくてビックリしました」と語っていた。

「“マスコミは身内に甘い”と言われることもありますが、同時間帯の他局番組について、しかも同日に言及するというのは異例の事態でしょう」(スポーツ紙記者)

 同放送で小倉は、上重の不正を糾弾し、厳しい姿勢を見せたが、実は上重アナを批判できない黒い過去があるようだ。

「小倉は、『とくダネ!』内で発生した“不正融資”に関与していたそうです。かつて同番組のオープニングは、小倉が1人で5~6分ほど時事ネタをしゃべっていました。政治や事件に関する言及もありましたが、時には『ナゼ?』というタイミングで、縁もゆかりもなさそうなアーティストの応援を行うことも。このトークについて、ある時、重大なコンプライアンス違反が発覚してしまったんです」(芸能プロ幹部)

 宣伝などは一切関係のない、あくまで小倉個人による時事ネタコーナーであったはずだが、実は“ステマ”が行われていたというのだ。

「トークの内容は、小倉と当時のマネジャーが2人だけで話し合い、番組スタッフを介さずに選定されていたんです。ところがこのマネジャーは、付き合いのある芸能プロダクションや広告代理店から、接待や融資とともにネタの売り込みを受けていたんです。いわば“ステマ”ですね。これがフジテレビにバレてしまい、大問題に発展しました」(同)

 この不正発覚に、「小倉は『マネジャーが独断でやったこと』と釈明、すぐさまこのマネジャーをクビにすることで自身の潔白を証明しました。しかし、局側はこの事態を看過することはできないとし、2012年9月に同企画を廃止したんです」(同)という。

 欧米のニュース番組でも取り入れられているという、メインキャスターによる世相スピーチだが、それが不正融資の温床となっていた――。果たして小倉に、上重アナを批判する資格はあるのだろうか。
(須田恭也)

偉そうに語ってると思いきや、小金を稼いでただけなんて

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー