[女性誌速攻レビュー]「美人百花」3月号

「優しい春の魔法にかかったみたい」春ポエム連発、「美人百花」の不可思議な点とは?

bijinhyakka201503.jpg
「美人百花」2015年3月号(角川春樹事務所)

 「美人百花」(角川春樹事務所)のレビューを初めて2号目になりました。まだまだ、この雑誌がどういうものなのか、新鮮な驚きが多いのですが、今月気づいたのは、この雑誌は結構「ポエム」が多いということです。

 例えば、AKB48・小嶋陽菜さんがモデルの「レディに“色”めく春の私(ハート)」というページでは、「お散歩するだけでなんだかウキウキ(ハート)ふんわり優しい春の魔法にかかったみたい!」「オーダーはいつものラテ。季節がもう少し進むまで、この温かさを楽しみたいの」「今日のマカロンはレモン味。甘酸っぱいこのテイスト、恋する気持ちに似てるかも!?」と、一場面ごとにポエムが散りばめられています。

 去年あたり、夢や希望、笑顔といった“ポエム”が日本社会に蔓延していることを指す「ポエム化する社会」という言葉をよく目にしましたが、「美人百花」のポエムはどちらかというと、80年代のアイドルソングの歌詞のようですし、清里のペンションやファンシーショップのようなメルヘンさが漂っています。世知辛い現代に、気分だけでも花を咲かせようということなのでしょうか。タイトルにも「花」がつくし、假屋崎省吾さんによる「花」の連載もありますし、この本と「花」は切ってもきれないのでしょう。

<トピック>
◎レディに“色めく”春の私(ハート)
◎春を待つウキウキはシースルーが連れてくる(ハート)
◎アラサー美人の流行まとめ

■春、春、春が攻めてきた!

 今月の「美人百花」は「春」が全体を通してのテーマとなっています。とにかく、「春を待つウキウキはシースルーが連れてくる」「春はすぐそこ!オシャレしなきゃ!」「春待ちコーデ100!」「タイツをはいても春めくオシャレ(ハート)」と、もう春、春、春のオンパレード。

 もちろんほかの女性誌でも、春コーデを取り上げていますが、その比ではありません。なぜここまで「美人百花」は「春」押しなのか……。そこからは、「寒がりだから冬が嫌い」「春の暖かさに全身で喜ぶ」というどこか幼さの残る“女の子”像を感じます。女の子の季節=“春”を前面に押し出している気がします(ひな祭りもありますし)。

男目線を気にしないふりは、やっぱり美人のプライド?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー