しいちゃんの芸能解説講座【裏】

彦摩呂、マツコ・デラックス、小向美奈子……有名人の仰天スタイル維持法

matukodx.jpg
マツコ・デラックス公式プロフィールより

編集S 2月10日の『PON!』(日本テレビ系)にゲスト出演した彦摩呂が、3カ月で21キロの減量に成功したって言ってたね。私なんて、三段腹の一段目と下乳が同化してきたっていうのに!

しいちゃん デビューした24歳の時は58キロだったのに、昨年秋には120キロになり、料理研究家と管理栄養士の協力のもと、糖質の摂取量を半分に抑えて繊維質の食物を倍摂取する「低糖質ダイエット」でダイエットしたそうね。視聴者の意見は、「痩せたように見えない」「いや痩せてる」「20キロ落としてこの体形なのか」「絶対リバウンドするわ。職業病で太ったんだから仕事変えないと無理」とさまざま。本人は、2月10日の公式ブログで「21キロ落としてもデブはデブだけどね~!(笑)もうちょっと頑張らさせて下さいな~! あと10キロぐらいかな…」と書いてた。

編集S あと20キロ痩せても全然大丈夫よ! YOU、遠慮しないで痩せちゃいなよ!

しいちゃん 一方、「痩せた」と評判になっているのが、マツコ・デラックス。「週刊実話」2015年1月22日号では、早期引退説が報じられ、その理由のひとつが体重とされているの。記事には、「現在の体重140キロを90キロ台にしなければ本当にヤバいらしんです。だが“デブ芸人”同様、巨漢が売りのため簡単に体重を落とせない。さらに一番の問題は食事です。メークを取れば、ただの巨漢のおっさんですが、一人で食事をしていると周囲の目が気になって落ち着いて食事ができないらしいんです。(中略)結果、食事は局の弁当かコンビニ弁当、宅配ピザなどの“てんやもん”になりがち。しかも、一人前とはいかないから三人前以上となる。結果、ダイエットどころか体重はますます増えてしまう一方」と書かれてた。この記事に対してネットでは、「最近小さくなった」「痩せたように見える」「出始めの頃より痩せたよマツコ。顎の輪郭とか見えるようになってるもんな」と太り過ぎ引退説は「ありえない」という見方が多い。

編集S そもそも「一人で食事をしていると周囲の目が気になって落ち着いて食事ができない」って、今のマツコだったらそんな野次馬が集まってくるようなところじゃ食べないでしょ。だからというわけじゃないけど、私の自慢の肉弾バディで食事中のマツコを隠してあげるから、おいしいところに連れて行ってくれないかしら~?

しいちゃん この記事には、マツコが「目標貯金額の10億円に到達したら、日本を脱出しタイで永住生活を送る」と話しており、しかもその目標額の10億円に「’15年度末には到達してしまうかもしれない」とも書かれていた。10億円ってすごいね!

編集S だから、マツコのお食事姿を隠すバイトとして雇ってよ~。しかし、10億円か……体重の話より貯金額の話のほうが気になるわ~。

生理前の過食に快感感じちゃうの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!