入社前から大騒動!

日テレ“逆転採用アナ”笹崎里菜さん、未成年飲酒疑惑! 「ネガティブ情報が芋づる式に」の声

2015ntvjinji.jpg
日本テレビ採用サイトより

 クラブでのアルバイト歴を理由に日本テレビの内定を取り消され、採用を求めた民事訴訟を起こした笹崎里菜さん。1月7日に行われた和解協議では、一転して今年4月の入社が認められることとなったが、1月26日発売の「週刊ポスト」(講談社)では、笹崎さんの「未成年飲酒疑惑」やネット上に「セクシー写真」が流出していたことが報じられ、波紋を呼んでいる。

 現在、東洋英和女学院大学4年の笹崎さん。日テレからの内定をもらって研修を受けていた際、人事担当者に東京・銀座のクラブでのバイト経験を申し出たところ、日テレ側から「清廉性がない」として、アナウンサー職での内定を剥奪。その後、笹崎さんは過去のバイト歴を理由に内定を取り消しされるのは不当だとして、地位確認を求める訴訟を起こし、今年に入ってから事態は急展開を迎えた。

「それまでは『清廉性』を理由に内定を取り消した日テレ側に批判の声が集まっていたものの、和解成立で笹崎さんの入社の可能性が高まると、ネットユーザーは『こんな人にニュースを読んでほしくない』などと、手のひら返し。世間の厳しい視線が一気に笹崎さんへ向かった印象です」(芸能ライター)

 そんな中、今回の「週刊ポスト」では、インターネット上の写真投稿サイトで一般公開されていたという2012年時の写真を掲載。笹崎さんはノースリーブのミニワンピース姿でソファに寝そべり、太ももを露わにした状態。笹崎さんの友人が仲間内に公開していたフォトアルバムには、笹崎さんと恋人とのLINEのやりとり画面までアップされており、「彼女がいかに派手な学生生活を送っていたかが垣間見える内容」(同)という。

「また、同誌では『昨日の飲み楽しすぎた。久々…』というコメントがついたプリクラ写真の存在を問題視。笹崎さんが成人する前の投稿であるため、未成年時に日常的な飲酒をしていた可能性を指摘しています。日テレ関係者は、内定取り消しについて『ホステス歴もさることながら、むしろ笹崎さんの私生活に心配があったからといわれていた』とコメント。現在、そのフォトアルバムは閲覧できない状態になっているそうです」(同)

 今回の報道について、ネット上では「未成年飲酒の違法はアウト」「もう報道は難しいね」「テレビ出ても見たくない」といった声が噴出するなど、もはや擁護する人もほぼない状況だ。

「『清廉性』を主張して内定を取り消したこともあり、『日テレは正しかったかも』などと、『ポスト』の記事を機に日テレを支持する声が上がるように。中には『日テレ側からの嫌がらせ』を疑う声もあり、『これから芋づる式に、笹崎さんのネガティブ情報が出てきそう』と、予測されています」(同)

 入社を前にして前途多難な笹崎さんだが、4月の入社までにどんな展開が待っているのだろうか?

自虐でのし上がる“有働メソッド”も使えない状態かも……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!