[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

NEWS、新曲「KAGUYA」が前作割れ8万枚スタート! バラエティ番宣が活発化も……

koyasige01.jpg
いまいちブランド確立には至らないコヤシゲ……

 NEWSの新曲「KAGUYA」が1月7日に発売され、6日付けのオリコンデイリーランキングで8.1万枚を売り上げ、初日1位となった。日本テレビ系の「2014 FIFAワールドカップ」のテーマソングとなった「ONE −for the win−」に続く約7カ月振りのシングルとなったが、初日に9.6万枚を売り上げた「ONE」を下回る滑り出しとなった。

 「KAGUYA」は、かぐや姫をモチーフにした世界観で、PV監督は鮮やかな色使いが女子から圧倒的な支持を得ている蜷川実花が務めている。また、振り付けは「カンヌ国際広告祭」をはじめ世界三大広告賞でグランプリを受賞し注目を浴びた「振付稼業air:man」が、「チャンカパーナ」に続いて担当し、スタッフ陣の豪華さもあり発売前から話題となっていた。しかし、発売から11日付けのオリコンデイリーランキングまで1位をキープしている「KAGUYA」だが、前作の売り上げを越えることは厳しい状態のようだ。

「『One』は日本テレビ系のタイアップ曲で、リリースの種類も4形態、さらにはPV集が当たるプレゼントキャンペーンも展開していたため、タイアップなしで応募券なども付いていない今作が、これを越えるのは難しいでしょう。4人体制からのシングル初日売り上げは、『チャンカパーナ』が12.1万枚、『WORLD QUEST/ポコポンペコーリャ』が5万枚、『ONE −for the win−』が9.6万枚、そして今作『KAGUYA』が8.1万枚なので、やや減少といったところ。ただ、今作は、初回限定盤A、Bと通常版の3種リリースと過去3作で最も少ない販売形態です。また、リリースにあたり小山慶一郎&加藤シゲアキがバラエティ番組などに番宣で出演することが増えたのは、これまでにないことだけに、新鮮な印象でしたね」(ジャニーズに詳しい記者)

 1月8日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(日本テレビ系)に出演した小山&加藤は、2人だけの飲み会でデビュー当時から現在までを振り返り、「10年やったらもう、そこそこ上にいると思ってたじゃん」「こんなにいろいろあると思ってねぇじゃん」と本音を明かし、また一時期はNEWSの文字に二重線が引かれ、「言っちゃダメです」とグループ名を口にすることも禁止されたと、涙ながらに語っていた。

 とはいえ、現在の形になって4年目を迎えるNEWS。昨年行われなかったコンサートツアーも、今年は開催がすでに発表されており、新アルバム発売を期待する声も高まっている。「KAGUYA」で新しい一面を見せてくれたメンバーたちが、次にどんな活動を展開してくれるか、楽しみに待ちたい。

またクセになる振り付けでして

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー