[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

NEWS、新曲「KAGUYA」が前作割れ8万枚スタート! バラエティ番宣が活発化も……

koyasige01.jpg
いまいちブランド確立には至らないコヤシゲ……

 NEWSの新曲「KAGUYA」が1月7日に発売され、6日付けのオリコンデイリーランキングで8.1万枚を売り上げ、初日1位となった。日本テレビ系の「2014 FIFAワールドカップ」のテーマソングとなった「ONE −for the win−」に続く約7カ月振りのシングルとなったが、初日に9.6万枚を売り上げた「ONE」を下回る滑り出しとなった。

 「KAGUYA」は、かぐや姫をモチーフにした世界観で、PV監督は鮮やかな色使いが女子から圧倒的な支持を得ている蜷川実花が務めている。また、振り付けは「カンヌ国際広告祭」をはじめ世界三大広告賞でグランプリを受賞し注目を浴びた「振付稼業air:man」が、「チャンカパーナ」に続いて担当し、スタッフ陣の豪華さもあり発売前から話題となっていた。しかし、発売から11日付けのオリコンデイリーランキングまで1位をキープしている「KAGUYA」だが、前作の売り上げを越えることは厳しい状態のようだ。

「『One』は日本テレビ系のタイアップ曲で、リリースの種類も4形態、さらにはPV集が当たるプレゼントキャンペーンも展開していたため、タイアップなしで応募券なども付いていない今作が、これを越えるのは難しいでしょう。4人体制からのシングル初日売り上げは、『チャンカパーナ』が12.1万枚、『WORLD QUEST/ポコポンペコーリャ』が5万枚、『ONE −for the win−』が9.6万枚、そして今作『KAGUYA』が8.1万枚なので、やや減少といったところ。ただ、今作は、初回限定盤A、Bと通常版の3種リリースと過去3作で最も少ない販売形態です。また、リリースにあたり小山慶一郎&加藤シゲアキがバラエティ番組などに番宣で出演することが増えたのは、これまでにないことだけに、新鮮な印象でしたね」(ジャニーズに詳しい記者)

 1月8日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(日本テレビ系)に出演した小山&加藤は、2人だけの飲み会でデビュー当時から現在までを振り返り、「10年やったらもう、そこそこ上にいると思ってたじゃん」「こんなにいろいろあると思ってねぇじゃん」と本音を明かし、また一時期はNEWSの文字に二重線が引かれ、「言っちゃダメです」とグループ名を口にすることも禁止されたと、涙ながらに語っていた。

 とはいえ、現在の形になって4年目を迎えるNEWS。昨年行われなかったコンサートツアーも、今年は開催がすでに発表されており、新アルバム発売を期待する声も高まっている。「KAGUYA」で新しい一面を見せてくれたメンバーたちが、次にどんな活動を展開してくれるか、楽しみに待ちたい。

またクセになる振り付けでして

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!