[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

城島茂の“神様感”、坂本昌行の胸は「Aカップ以上ある」!「平家派」の師走に注目

sakamotomasayuki.jpg
5月に乳首でお騒がせした坂本がまたしても

 光GENJIのバックダンサーとして誕生した伝説のグループ・平家派。6年前の『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK BSプレミアム)でTOKIO・城島茂、山口達也、国分太一、V6の年長組・20th Centuryの坂本昌行、長野博、井ノ原快彦の6名で再結成し、今でも根強い人気を誇っている。そこで今回も平家派メンバーに関する12月の動向・話題をご紹介!

★城島、熱狂的ファンがテレビ登場&『FNS歌謡祭』で「演歌歌手みたい」
 山口がMCを務める『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系、12月2日放送)に、城島の熱烈なファンが出演した。その女性は大阪府出身の27歳で、月収は20万円の「ボンビーセレブ」。関西でウェブデザイナーの仕事をしていたが、TOKIOの20周年を機に会社を辞め、都内の恵比寿に引っ越したという。現在は時給1,500円でウェブデザイナーのアルバイトをし、「いつか城島さんに会えるんじゃないか」と願いながら生活しているんだとか。番組では生活費の内訳が公開され、家賃が7万9,000円、食費、光熱費、雑費のほかに「城島代(旅費・宿泊費など)」で7万円もかかっているという。オンエアー中にはTwitter上に「城島代」というワードが賑わっていた。

 その城島本人はというと、TOKIOが出演した『2014 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で、さまざまな話題を振りまいた。ジャニーズメドレー直前に出演者が待機している場面が映った際、城島はひたすら薄ら笑いを浮かべ、カメラが寄ると軽く会釈。視聴者からは「仏様のような微笑み」「神様感」「おじいちゃんみたい」とのツッコミが入っていた。

 また、持ち歌の「LOVE YOU ONRY」を歌う場面では、TOKIOは楽器を持たずにマイク1本のみで歌唱。そこで城島が他メンバーよりも身振り手振りもなく歌う姿が「ムード歌謡感」「演歌歌手にしか見えない」と、笑いが起こる事態に。曲終わりには観客席に向かってペコペコ挨拶していた姿が「可愛い」「選挙活動」という声も。さらに最後の全員集合場面では、後ろにいた関ジャニ∞・丸山隆平が城島の微笑みを「真似してる?」「同じ顔だった」との反応が。2014年もファンからもジャニーズ仲間からも愛される城島だった。

★山口、越谷レイクタウンで出刃包丁を買う
 かねてより、ノースリーブの衣装を着用することが多いことから、歌番組に出る度に「安定の袖なし」と話題になる山口。『FNS歌謡祭』では他の4人がシャツにジャケットスタイルで厚着していたが、やはり山口だけはノースリーブで、パンプアップした二の腕を披露。Twitterには写真が多くあがり、「山口さんに冬は来ない」「山口くんに袖を与えて」「季節感のなさ」と総ツッコミ状態だった。

 一方で、山口がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5、12月7日放送)では、プライベートで出刃包丁を購入したことを報告。越谷レイクタウンのキッチン用品専門店に行ったそうで、

「すごくオシャレな包丁があって。なんて言うんだろ? ちょっと模様が入ってて、なんか“西洋の剣”のような出刃包丁。ちょっと高かったんですけども。それで来年こそは『魚をさばいてみたいな』っていう気持ちがあったので、とりあえず包丁だけ買ったんですよ。(中略)まぁ、なんとかこの気持ちを来年に持ってって、魚ぐらいはさばけるようになりたいなっていうのがね。思いがありますけどね」

 と、2015年の目標を語っていた。ぜひ『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で“マイ出刃包丁”を手に魚をさばく姿を披露してもらいたいものだ。

長野交際発覚で平家派にもメモリアルな1年に

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!