ちょっと見ない間に……

遠藤久美子、“面倒くさい女”キャラで復活!? 事務所問題で消えかけた元アイドル女優の今

2014endokumiko.jpg
『五日市物語』/ビクターエンタテインメント

 9日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した遠藤久美子が、ネット上で大反響を呼んでいる。かつてはアイドル女優路線で人気を博した遠藤も現在36歳、この日の放送ではブレーク当時の知られざるエピソードや男性観など、さまざまな一面を語っていたが……。

 ネット上で波紋を呼んでいるのは、遠藤が明かした男性論や恋愛論。オフの1日密着VTRでは「自分で言うのも何なんですけど、すごいつまらないんですよ」「自分で自分のこと楽しいと思ったことないんですよね」などネガティブ発言を連発し、過去に交際していた男性との結婚についても「(自分は)つまらないからしたくないと思います」と、身も蓋もない持論を展開していた。

「さらにMCのフットボールアワー・後藤輝基に、現在の交際相手の存在を聞かれた遠藤は、一瞬間を置いてして『どうして初めて会った方にそんなこと言わなきゃいけないんですか』という距離感のある回答。また高校生時代、マクドナルドCMに出演していた時期には1つ年上の彼氏がいたというエピソードを明かしていたものの、はやりの“壁ドン”や“頭ポンポン”を『イラッとする』と吐き捨てた態度に、『面倒くさい女だな』『昔ちやほやされすぎたんだな』『そりゃ36まで独身だわ』といったバッシングが飛び交いました」(芸能ライター)

 しかし2000年代中盤以降は、めっきりとテレビ露出を減らしている遠藤。さらに11年にはデビュー当時から所属していた事務所から退所・独立するも、わずか1年後には大手芸能プロ・東宝芸能へと移籍。その頃から“2時間サスペンス女優”や“旅番組タレント”といった路線にシフトしていった。

「ほかにも、テレビ東京系の6分間のショートトーク番組『TOKYOガルリ』のMCとして出演していますが、やはり全盛期の活躍を考えると、物悲しい印象の仕事ぶりですね。しかし遠藤はアイドル時代を含めると、芸歴も20年近くとそこそこのキャリアで、知名度も高い上に愛嬌もあるため、旅番組のロケでも嫌味なく対応できるからと重宝されているようです。今回の放送も、バッシングが出たとはいえ、“面倒くさい女キャラ”として話題になったため、今後はバラエティ関連のオファーが出てくるかもしれません」(芸能プロマネジャー)

 事務所移籍当初は「好きなことが出来ると言う事が、どんなにどんなに贅沢な事か」と、本格的な女優業への転向を決意表明していた遠藤。ネット上では「タレント再生工場」とも言われる『今夜くらべてみました』への出演が、本人の意に叶う仕事だったかは微妙なところだが、今回遠藤が披露した新たな一面は結果的に世間の興味を引くことには成功したようだ。

第二の蛭子能収に活路アリ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク