わたしはコレでタバコやめました

北川景子、異例の“タバコ吸ってません”公式発表をめぐるドタバタ舞台裏

kitagawskeik.jpg
男のためにお嬢様キャラを装着

 DAIGOとの熱愛が盛んに報じられている北川景子について、4日、所属のスターダストプロモーションがオフィシャルサイト上で「以前より北川の喫煙報道がありますが、北川に喫煙の事実はありません」と異例のコメントを掲載した。かねてから北川に関しては『喫煙者』『ヘビースモーカー』といった報道が相次いでいたが、所属事務所が“公式コメント”を出すこととなった背景とは――。

「発表の背景には、4日発売の『週刊新潮』(新潮社)の記事があったことは間違いないでしょう。同誌は『ヘビースモーカー北川景子と健康志向DAIGOの恋』として、北川について『毎日、大体3箱は空にしてしまうヘビースモーカーで、仕事の合間にも一服が欠かせません』などと報じています。さらにこの北川ヘビースモーカー説はネット上、地方ワイドショーでも紹介される事態となりました」(芸能ライター)

 また北川と喫煙を巡っては、2011年にこんな出来事があった。タバコの“卒煙”に成功した有名人を表彰しているタバコ問題首都圏協議会が、立川志の輔、堺正章とともに北川の名前を挙げたのだ。しかし北川が喫煙者であること、さらには卒煙に成功したという情報は単なるウワサに過ぎず、後日同協議会が「北川はまだタバコを辞めていなかった」と訂正することに。

「協議会のFAXには『北川さんのマネージャー氏に確認の電話を差し上げたところ、まだやめておられないとのことでした』などとつづられており、結果的に北川が喫煙者であることが公に認められてしまいました」(同)

 そして今回の“喫煙否定コメント”に、ネット上では「別に吸ってても驚かないけど。20歳超えてるし」「じゃあなんでこんなに喫煙報道が出るんだろ」「彼氏いたことないと言ったり、清純派イメージで売ってきたいの?」などの声が出ている。

 当時は“共演者キラー”などと言われ、山下智久を筆頭に向井理や玉木宏と、数々の浮名を流す肉食女子だった北川も、現在は所属事務所の看板女優に成長。ネガティブな話題は極力避けたい、という意向も働いているようだ。

「各スポンサーもここ数年で、かつては考えられなかったほどネット上の世論に敏感になっています。特に化粧品を扱うような大手企業は、ネットのウワサひとつにも過剰に反応し、何かあればすぐに所属事務所にクレームが入れるように。過去の喫煙歴からCMに影響が出てしまってはそれこそ一大事のため、こうして公に宣言する必要があったのでは」(芸能プロ関係者)

 こうして北川の“卒煙宣言”というオマケも付くことになった、DAIGOとの真剣交際。しかしこの報道がきっかけで、北川はかつての嗜みを再開……なんてことがなければいいのだが。

マチャアキと同枠で扱われたくなかったのね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  17. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー