[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

赤西・山下・錦戸“スマホ窃盗事件”が和解! 書類送検直前の「莫大な示談金」の出処

dokkun-ganbare.jpg
「タイマン張れねえのか?」発言は衝撃でした

 赤西仁、関ジャニ∞・錦戸亮、山下智久が“警察沙汰”を起こしたと話題になった「六本木スマホ強奪事件」が、人知れず終焉を迎えていたという。「3人は書類送検される見込みとなっていましたが、直前になってジャニーズ事務所が動いたことにより、一瞬にして和解となってしまったようです」(芸能プロ関係者)というが――。

 3人は今年6月、一般人相手にトラブルを起こしていたことが、一部メディアに報じられていた。無断で自分たちを撮影されたことに激怒した山下が、一般人からスマートフォンを奪取。その後、赤西が警察署にそのスマホ返却した際、電源が入らなくなっていたため、持ち主の一般人は警察に被害届を提出。器物損壊容疑で捜査が行われることとなった。

「被害届が受理されてしまえば、逮捕はなくとも書類送検は免れられない。それまでは『東京スポーツ』や『フライデー』(講談社)といった、ジャニーズと敵対関係のメディアだけがこの件を報じてきましたが、書類送検となれば、テレビやスポーツ紙といったジャニーズ御用達媒体も報道せざるを得なくなります」(同)

 3人と被害者の示談交渉は平行線をたどっていたが、いざ書類送検が行われる直前になって、事態は急転直下の和解となったそうだ。

「被害者との折衝は、ずっと赤西の弁護士が担当していたそうですが、捜査の書類を検察が受理する直前に、ジャニーズのお抱え弁護士が動き出し、多額の示談金で和解を成立させてしまった。被害届が取下げとなれば、書類送検が行われることもなくなるため、まさに電光石火で事件そのものが白紙化されたという流れです」(同)

 こうして全てが“なかったこと”になってしまった今回の六本木スマホ強奪事件。元ジャニーズの赤西はまだしも、錦戸と山下に関しては、今後の活動に厳しい足枷がはめられることは間違いなさそうだ。

「8月に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、メインパーソナリティの1人だった錦戸に対し、ジャニーズサイドは『目立つような発言や行動を絶対にするな』と釘を刺していたそうです。VTRでは普段通りの振るまいでしたが、生放送部分に関しては、ファンからも『なんであまりしゃべらないんだろう』といったコメントが、ネット上に書き込まれていました。今後もドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)など、すでに決まっている仕事は平常運転となるでしょうが、来年以降、なんらかの“ペナルティ”が課せられてもおかしくありません」(広告代理店関係者)

 こうして事件自体は解決したが、特に錦戸と山下にとっては、今後のアイドル人生を左右するほどの重い代償を払うことになるかもしれない。

ジャニーズの黒幕ぶりが恐ろしいほど

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  9. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム